総合トップへ

冨山 博史 さん

最終更新日:2017年10月13日
tomiyama
プロフィール : 
大牟田市出身 30歳代 Uターン 実業家
大学卒業後、大手玩具メーカーに勤務し、マネジメントを学び、家業を継ぐために大牟田に戻りました。現在、株式会社カンカングループ 取締役副社長、株式会社CREA 代表取締役、大牟田ビンテージのまち株式会社 代表取締役を兼務しています。大牟田ビンテージのまち株式会社では、入居者や地域のみんなでつくる『DIYリノベ』により、空き家やシャッター通りの再生事業に取り組んでおり、「街なかストリートデザイン」プロジェクトの事業コーディネーターとしても活躍しています。

  
 

Q.大牟田でまちづくり事業に着目した理由は何でしょうか?

  最初は家業である不動産業と飲食店経営を中心に行っていました。自社の経営課題解決に向け、まずリノベーションやDIYに注目しました。いろいろな試行錯誤を繰り返し、徐々に自社経営は業績改善し始めました。ある時、自社物件をご利用いただいているお客様から、「折角いい物件があっても、前の通りが暗いとなんだか怖い印象がある」という声を頂き、この時初めて「まちづくり」について考えるようになりました。自社のことだけを考えるのではなく、自社の事業を通じて地域の課題を解決したいと思ったことがきっかけです。

 

 

 

Q.大牟田のセールスポイントは何だと思いますか?

DIY
   過疎化が進んでしまった影響で空き店舗が増えていますが、逆にそれを活用していくことができれば、新たな価値を生み出すことができると考えています。現在では、他県からもDIYリノベで視察に来ていただける機会が増えています。あと数店舗、DIYリノベによる開業ができれば、大牟田は全国的にもDIY分野でのポジショニングが確立してくると思いますね。それは大牟田という街を発信する上で大きな強みになると思います。少しずつですが、着実に大牟田市が変わってきていることを実感しています。
 
 
 
 

Q.まちづくりにおいて、DIYをどのように活用していきたいですか?

 大牟田ビンテージのまち株式会社の経営理念は、「地域とともにきらめく街づくり・人づくり」です。自社の事業を通じて、地域社会の課題解決に向けて取り組んでいきたいという強い想いがあります。現在は商店街の空き店舗を中心に飲食店等の開業のお手伝いをしていますが、各店舗が地元から愛されるよう工夫をしています。最近携わったイタリアンレストラン「trattoria nido(トラットリア ニド)」さんや「チャイナスタンド 笑龍」さんの際は、DIYを地元の方々にもご協力していただきました。このように開業準備の段階からいろいろな方に触れ合うことで、オーナーは勿論のこと、地元の方もそのお店に対して愛着を持っていただけると思います。DIYをきっかけに人との繋がりや地域のコミュニティを築いていけたらと期待しています。
 
 
 
 

Q.これから大牟田で起業をしたいという人に向けてアドバイスをお願いします。

tomiyama2

 

  現在、起業をしたいという想いを持った人を応援する仕組み作りに取り組んでおり、その一つとして「街なかストリートデザイン(以下、街スト)」プロジェクトを推進しています。これは、中心市街地の活性化にむけて、このまちを良くしたいと想いをもった出店者を発掘し、空き店舗所有者と出店者のマッチングを進めることで、新たなまちのにぎわいを起こすことを目的としています。ただ単にお店を誘致するということではなく、これからお店を始める方の「想い」と「地域」をつなげる役割を担っています。大牟田ではまち全体が応援してくれる体制が整っていますので、大いに活用してほしいと思います。私もこの街ストに事業コーディネーターとして携わっていますので、いつでも相談に来てください!
 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 移住・定住担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:10394)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。