総合トップへ

古賀 太一朗 さん

最終更新日:2018年6月9日
11

 

  2016年、イタリアのトスカーナ地方で修行。2017年12月に籍を入れ、今年の1月4日に「Italian dining TA-CHI(ターチ)」を開業。

 
  福岡市出身 20代 Iターン 飲食店経営

 

 

Q.大牟田に来られる前は何をされていましたか?

22

 福岡市内のレストランで働いていましたが、上司に「本場で修行をしてこい」と強く背中を押され、2016年にイタリアへ修行に行きました。当初はローマで働く予定でしたが、現地入りしてすぐにその話がなくなってしまって…(笑)。どうしようもないので、ミラノに住んでいる友達に電話をして、急遽トスカーナ地方のレストランを紹介してもらいました。人口8000人という田舎まちのレストランでしたが、イタリアの中でも最先端をいく料理長に修行を受けることができました。2017年の5月に帰国して、大牟田の起業塾に通い、今年無事に開業し、現在に至っています。
 
 

Q.異国の地イタリアで、不安はありませんでしたか?

 不安が全くないというと嘘になりますが、これから新たな挑戦が始まると思うとワクワクしていましたね。トスカーナ地方は、英語もほとんど通じないので、イタリア語を覚えないといけないという言葉の壁がありました。現地スタッフは日本人の私に対して、ひとつひとつ丁寧に接してくれましたし、どうしても通じない時はスマホの翻訳アプリツールを活用しました。修行をしているうちに、徐々にイタリア語での日常会話ができるようになり、「経験がものを言う」ことを実感することができました。また、妻(当時は婚約中)は2ヶ月間の短期滞在を通して、本場のイタリア料理と食材について学びに来てくれたことは心強かったです。「自分の店を持つ」という夢のために、妻も本気でサポートしてくれたことは感謝しかないですね。

 

  

Q.なぜ大牟田を選んだんですか?

33
 本音を言うと、最初は福岡市での開業を考えていましたが、将来の開業について家族や親戚などに相談しているうちに、大牟田に住んでいる叔父が全面的に協力してくれることになったんです。叔父は、イタリアに行く前から開業の相談に乗ってくれて、私が修行の際も、叔父が大牟田市の物件を探してくれたりといろいろと動いてくれました。要するに、叔父の熱いパッションに負けてしまいました(笑)。また、私が修行したトスカーナ地方も田舎まちでしたが、その土地ではだれからも愛されているお店で、大牟田でも出来るんじゃないかという可能性を感じたんですよね。自分も地域に愛されるお店をつくりたいと思い、挑戦するフィールドを大牟田に選びました。
 
 

Q.どんなお店にしたいですか?

 大牟田では数少ない「ピザ専門店」で、オープンキッチンから見ることができる“本場の石窯”で調理しています。まずは、「大牟田でピザといえばTA-CHI(ターチ)」と言ってもらえるように頑張りたいですね。大牟田の凄いところは、口コミの拡散力だと感じています。いまは広告とかは特に出していないんですが、お客さん同士の口コミによって、少しずつお店を知っていただく機会が多いですね。このお店を作る前も、そして、開業して間もない今も、本当にたくさんの方々に助けていただいています。お客さんとともに成長し、そして一緒に物語をつくれるように、まずは私たちだからこそ提供できる料理を堪能していただきたいと思います。

 

 

Q.これから起業を検討している方へのメッセージをお願いします。

44
 大牟田には、若者が何か新しいことを始めることに対して、応援してくれる環境があると実感しています。実際に、ここ数年で開業している飲食店は多くなっていますし、チャレンジ精神がある方ばかりなので面白いですね。やれると思うなら早くやった方がいい。早いうちに沢山の失敗をして、成功するために努力するのみ。私の挑戦もまだ始まったばかりですので、ともに大牟田を盛り上げていけたら嬉しいです。
 
 
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 移住・定住担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11502)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。