総合トップへ

甲斐 由美さん

最終更新日:2019年2月19日
プロフィール
出産後、家族で一度市外へ転出。転出先では、家族で自給自足に近い生活や、ヨガの修行のためインドへ滞在するなど、様々な経験を積んで過ごしました。
2018年4月に故郷大牟田へ戻り、2019年1月自身のヨガスタジオ「YogaLIMCA」をオープン。
 
大牟田市出身 30代 Uターン ヨガスタジオ経営
 
 
※夫の龍一さんとともに、ご夫婦でインタビューにお答えいただきました
   

Q.昨年Uターンで大牟田へ戻られたんですよね。

[由美さん]以前大牟田を離れたのは10年前です。田舎で、自給自足の生活を送ってみたいと思い、長女の出産後7ヶ月で引っ越しました。

[龍一さん]本当に田舎で、近くに店や娯楽施設など何もないところでした。薪を割って風呂を沸かして、便の汲み取りも自分でして、野菜を育てて食べるなどほぼ自給自足の生活をしていたんですよ。

 

   

Q.便利な現代ではなかなかできない生活ですね

[龍一さん]ほぼ自給自足ですが、生活にお金は必要でした。その地域では、山仕事がたくさんあったので、きこりの仕事を始めたんです。 

 私自身、あまり仕事にハマったことはなかったのですが(笑)、林業は今植えた木が数十年後に商品になるような長くかかる仕事。技術を覚え、楽しく思うようになりました。この仕事は、大牟田に戻った今も続けています。

 

   

Q.由美さんがヨガを始めたきっかけは。

[由美さん]2人目の出産後、身体がヤバイ!とおもって(笑)
 何か体を動かすことがしたいなと思ったんです。

 大牟田にいたころヨガ教室に通っていたので、身体を動かすならヨガだ!と思いました。

 当時近くにはヨガができる場所が見つからなくて、近隣市のヨガ教室に通うようになり、それからずっとヨガを続けています。

 3年前からは、毎年冬に1ヶ月~3ヶ月間家族でインドに滞在して、ヨガをより深く理解する時間を過ごしています。

 

 

   

Q.インドにはご家族で一緒に行っていたのですか

 
インド 写真
[由美さん]家族全員で、現地の民家を借りて1~3ヶ月滞在していました。
 子どもは言葉もわからないのですが、滞在しているうちに現地の近所の子どもたちが迎えに来て一緒に遊んだり、時にはケンカをするなどすっかり現地になじんでいましたね。

 インストラクターになってからは、インドに行かない時期、お寺や市の施設を借りてヨガを教えていました。

  

 

Q.以前大牟田に住んでいた時と、戻ってきた時では印象に違いはありますか?

[由美さん]10年大牟田を離れていたので、良くも悪くも変化を感じます。

 良い点は、大牟田市内も郊外型の大型店舗ができて便利になったことと、商店街などにいまどきのおしゃれな店が少しずつ増えてきていること。

 一方で、商店街などの個人経営は難しくなってきているのかな?

 以前ヨガに通っていた地域では、郊外型店舗と商店街の両方が賑わっていてそれぞれの特徴があったので、大牟田でも郊外型店舗と商店街の両方が活気付いているともっと面白いなと思います。

  

 

Q.大牟田でヨガスタジオを開業するきっかけは?

3
 [由美さん]母の体調不良をきっかけに家族で大牟田へ戻ったのですが、大牟田でヨガをする環境を考えたときに、気軽に・いつでも・ヨガができる場所、ヨガのよさが伝えられる場を作りたいと思いました。
 「開業」という形になると思うのですが、実は、いまだに「開業した」感じはないんですよね。

 「先生」と呼ばれることにもしっくりきてなくて(笑)。

 インストラクターの資格を持っているし、プロなんですけどヨガは一生勉強なので「みんなよりちょっとヨガに詳しい人」くらいの感覚で気軽にきていただけるといいなと思います。

 

 

Q.開業する上で利用した支援制度は何かありますか?

[由美さん]まずは商工会議所が主催している「起業塾」を受講しました。そこで、コーディネーターさんが開業に向けて色々動いてくれて。

 商工会議所の方が、いろいろな所に紹介してくださったり、チラシも置いてきてくださいました。

 今は工事が終わりたてなので支払いはこれからなんですけど、市から補助金もいただく予定になっています。

 

   斐さんも利用した「起業家支援事業費補助金」についてはコチラ別ウィンドウで開きます

 

Q.大牟田に戻ってきてよかったと思いますか? 

15
[由美さん]戻ってよかったと思います。

 まだ戻って1年未満ですし、インストラクターになりたくて、とか、スタジオを作りたくて始めたヨガではないのですが、この場所を通じてヨガの良さを実感してくれている人もいて、ヨガの良さを伝えられてよかったと日々実感しています。

 これからも、この大牟田で良い縁が増えると良いと思います。

 

  

 

 

Q.大牟田のよいところ・魅力的だと思うところはなんですか?

[由美さん]人のエネルギーや距離感がちょうどよいと思います。付き合いが濃厚すぎてわずらわしく感じることもなく、でもあたたかくて。

[龍一さん]この物件も、賃貸募集は出ていなかったんですが立地に一目ぼれして、大家さんと連絡を取って直接貸してもらえないかお願いしたんです。大家さんもとてもよい方で協力していただき、快く物件を貸してくださいました。

  

 

Q.自ら一歩を踏み出したことが人間関係をつくるきっかけになったのですね。これからの目標を教えてください。

[由美さん]スタジオオーナーとしては、長く続けていきたいので、堅苦しくなくヨガが好きになってくれる人を増やしたいと思います。

 個人としては、今以上にヨガへの理解を深めていきたいので今年の冬もインドに行くことを一つの目標にしています!

 

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 移住・定住担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12497)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。