総合トップへ

芦澤 香織さん

最終更新日:2019年4月10日
メイン1
 地元から、関西の大学に進学・そのまま関西で就職して10年以上生活をしました。その後、結婚を期に、夫の転勤先であった大牟田市へ移住。
 平成30年4月、福祉系の仕事は全くの未経験ながら、「地域交流センターちくまち」の管理者に就任。地域の皆さんと一緒に、センター、地域の活性化を目指してがんばっています!
 
岡山県出身 30代 Iターン 地域活動支援センター 管理者、コミュニティーコーディネーター
 

 

Q.ご結婚が移住のきっかけと伺いましたが、引越しに心配事はなかったですか?

 私の場合は、全く知り合いがいない状態で大牟田に来ました。地元で里帰り出産を終えてから大牟田にきたので、えるるの「つどいの広場」(※)などに行く機会が多く、地元の人や、自分と同じ移住者の人もたくさんいたのでそこで友人がたくさんできたんですよね。

 それから、夫が少しだけ先に大牟田にきていたので、その間に知り合った人の繋がりで友人ができたりして、すぐに大牟田に多くの友人ができました。

(※)つどいの広場…市民活動等多目的交流施設「えるる」内にあり、好きな時に来て子どもとその保護者が一緒に遊んだり、親同士のおしゃべりをしたり、子育てサポーターに相談したりできる施設。芦澤さんによると、移住者も大変多く利用されていて、多くの友人をつくるきっかけになったとか。詳しくは、つどいの広場HP別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。
 

 

Q.今の仕事に就いたきっかけは?

 大牟田に来てから数ヶ月間、専業主婦をしていたんですが、大牟田で知り合った友人に今の仕事を紹介されたんです。

 福祉の仕事は全く関わったこともなかったので「私でいいのかな?」と思いました。でも、人と話すことが得意な人が向いている仕事だと言われたので、これまでの経験が活かせるかもと思い、思い切ってこの仕事を始めることにしました。

 

Q.これまでされていた仕事と違うジャンルのお仕事に挑戦することはに不安はなかったですか?

エントランス3
▲外から見えるよう玩具をディスプレイしたり、
写真を飾るなど随所に経験が活かされています♪
 これまでは、アパレル関係の店舗を作ったり、販売をする仕事をしていて、人としゃべることしかとりえがないと思っていたので不安しかなかったです。
今の仕事もコミュニケーション能力がすごく大事なんですけど、服を介してではないコミュニケーションを取る仕事って初めてで・・・人との付き合いにも不安がありました。
 人の年齢も環境も全く違うので、自分がしゃべる内容で相手に失礼がないか、傷つけたりしていないか、どんな感じで地域に入っていったらよいのか・・・このセンターは、管理者の私が一人で対応するので、相手にすることの一つひとつがこわいと思っていましたね。
 それに、このセンターの活性化を命題として与えられていたので、ちゃんとできるのか。。。やる気がありながらも不安でした。
 
 
 

Q.今のこのセンターの様子を見ると、たくさんの人が訪れていて芦澤さんの1年間の活動が実を結んだことがわかりますね。

仕事風景1


 できれば、この場所を「福祉っぽい」感じにはしたくなくて、ママが集ったり、人が来てもらえるような施設にしたいと思って1年が経ちました。

 今たくさんの方に来ていただいて、思うような形で楽しく仕事ができているのは、日々通ってくださる方や私をサポートしてくださるいろんな地域の方々のおかげだと感じていて、この1年皆さんと一緒に作り上げてきた成果だと思います。

 


 

 

Q.大牟田の魅力的だと思うところ、課題だと思うことはなんですか?

会話風景2
 みんな言いますけど、人があたたかい。子どもと出かけていても、病院とか、スーパーとかどこでも知らない人が声を掛けてくれるし、自然と知らない人と会話ができて心からのあたたかさを感じます。
 課題は、若い人が地域でもっと活躍できるといいなと思います。
 例えば、私もここで働くまでは地域活動とか全然関わったこともなかったし、自発的に関わろう!というタイプではなかったんです。
 こんな私でも、一度関わってみるとできることがわかって今ではこの仕事ができているし、楽しい!と思えているので、以前の私のような潜在的に地域活動ができる人はもっといると思うんです。
 例えば、ママたちもすごくがんばっていて、仕事をしながら・子育てしながら地域活動に力を注いでいたり、パワーある人たちにいつもすごく力をもらっています。
 そのような陰に隠れている人を、「地域活動」という身構えるような内容でなく掘り起こせるきっかけがあるとよいと思いますね。

 

Q.これからの目標は

エントランス1
 この場所を、小さい子からお年寄りまで誰でも集える地域の居場所にしたいと思っています。

 

 


 

 


 

 

Q.移住を考えている人にメッセージをお願いします

 まず、大牟田は人がすごくあたたかいです。

 大牟田は、来てみたら「何もない」とかじゃ全然なかった。

 移住者を受け入れる体制がすごく整っていて、協力者がたくさんいて、支え合いの土台があると思います。

 核家族で転勤などで来られる方にも「心配ないよ」と伝えたいです。

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 移住・定住担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12758)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。