総合トップへ

平成30年度産業廃棄物処理助成事業の募集

最終更新日:2018年7月11日
 公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団(以下「産廃振興財団」)から助成の案内がありましたので概要をお知らせします。詳細は産廃振興財団のホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)でご確認ください。

 

産廃処理助成事業とは

資源循環型社会システムの効率的な構築のために必要な高度な技術の育成支援及び健全な処理業者の育成支援のための強化策として、以下の事業に対して助成するもの。

・産業廃棄物に関する3Rの技術開発(いわゆる廃棄物の発生抑制・減量化技術の開発、循環資源の再利用技術の開発、再生利用技術の開発)

・環境負荷低減技術の開発及び既存の高度技術を利用した施設設備やその起業化

・バイオ燃料認定研究開発事業及び小型家電リサイクル認定研究開発事業

 

 

申請資格

次の全ての条件を満たしている者。ただし、バイオ燃料認定研究開発事業及び小型家電リサイクル認定研究開発事業を行う者は3)のみ。

  1.  1)産業廃棄物の処分を業として行う者(再生利用並びに広域処理の環境大臣認定事業者及び専ら再生利用事業者を含む。) 
  2.  2)従業員数300人以下又は資本金10億円以下のどちらかに該当すること。
  3.  3)過去5年間、廃棄物及び公害防止に関する法律等の規定による不利益処分を受けていないこと。
  4.  4)原則として、応募事業が同一期間内に他の公的助成を受けていないこと。
     
  5.  

    対象となる事業

    産業廃棄物に関する次の1)~5)

  6.  1)3Rに関する技術開発事業、又は環境負荷低減に関する技術開発事業(以下「技術開発」という)
  7.  2)高度技術を利用した3R、又は高度技術を利用した環境負荷低減施設の整備事業(以下「高度技術施設」という)
  8.  3)上記1)、2)に関する起業化のための調査事業(以下「起業化調査」という)
  9.  4)バイオ燃料認定研究開発事業
  10.  5)小型家電リサイクル認定研究開発事業

 

助成の概要

(1)助成事業の実施期間

  原則として、平成31年4月から1年以内。ただし、事業の種類によっては、最長2年間の計画も申請可能です。

(2)年間助成額

  年間の助成金額は最高500万円。なお、1年超の計画の事業については、合計で最高1,000万円の助成が可能となります。

 
 

応募手続き

(1)助成事業申請書類の入手方法

  募集内容の詳細及び助成事業申請書類の様式は、産廃振興財団のホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)からダウンロードしてご利用ください。

(2)応募方法

  記入要領を参考に申請書を作成し、申請に必要な書類とともに下記の応募先に郵送してください。

(3)応募締切日

  平成30年10月31日(水)当日消印有効

 

<お問い合わせ先・応募先>

〒105-0001  東京都港区虎ノ門1丁目1番18号ヒューリック虎ノ門ビル10階
公益財団法人 産業廃棄物処理事業振興財団  適正処理対策部(担当:金倉、藤田)
TEL:03-4355-0155

FAX:03-4355-0156
URL:http://www.sanpainet.or.jp
E-mail:info@sanpainet.or.jp

 


 

 

 


(ID:11665)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。