総合トップへ

絵本ギャラリーの運営費について

最終更新日:2019年3月15日
 

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 動物園の奥、老人福祉センター跡地に絵本ギャラリーを新設して、動物園の入場料を上げるのはおかしいと思います。既存の建物解体に4千4百万円、絵本ギャラリー建設に2億7千万円が必要で、財源は補助金や過疎債を利用しても、市の負担として8千万円が費やされるとのことです。さらに施設の管理運営費は人件費も含んで、年間約1千6百万円必要と試算されています。値上げにより動物園の入場者数は確実に減少します。
 年間約1千6百万円の運営費はどのようにして捻出するのですか。
(平成30年12月受付)
 
 

お答えします

 この度は絵本ギャラリーの運営につきまして、ご意見をいただきありがとうございます。
 絵本ギャラリーの整備につきましては、11月26日に開催されました大牟田市議会都市環境経済委員会において基本設計の中間報告を行ない、その中で、絵本ギャラリーの施設概要をお示しするとともに整備の概算事業費約2億7千万円、施設の管理運営費年間約1千6百万円などをご説明したところです。
 現在、動物園には多くの方にお越しいただいており、来園者の8割の方が市外から、また、9割の方が自動車でお越しいただいています。来園者の利便性や動物園の魅力向上のため、本年度は駐車場の整備に向けた旧延命中学校の校舎の解体や園内トイレの新設に取り組み、今後は、絵本ギャラリーや獣舎の整備を行う予定としております。これらの整備により、来園者の利便性や動物園の魅力向上につながる一方で、整備や維持管理費用が発生いたします。
 絵本ギャラリーや獣舎などの整備により、より充実した魅力ある動物園になります。しかし、来園者の8割が市外からお越しいただいているという状況の中、動物園の運営管理に市税を中心とした財源を充当していくことに関しては、検討していく必要があると考えております。こうしたことから、近隣の類似施設を参考としながら、入園料の改定を検討してまいりたいと考えております。なお、入園者の減少を招くような懸念がありますことから、大幅な入園料の値上げはできないと考えております。
(平成30年12月 観光おもてなし課回答 TEL:0944-41-2750)
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12550)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。