総合トップへ

おおむた+Walkingの活用について

最終更新日:2019年3月15日
 

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 健康づくりの意識向上と運動の習慣化を図るため、日常の歩行量を増やすことを目的に作られた「おおむた+Walking」が普及していないと思います。そのため、私はSNS等で広報をしています。
 アプリを使ったウォーキングイベントをもっと頻繁にしたらどうですか。できれば親子で参加できるものがいいと思います。このアプリにはジャー坊も出てきます、今盛り上がっているジャー坊と抱き合わせて普及させるチャンスだと思います。
(平成30年12月受付)
 
 

お答えします

 このたびは、「おおむた+Walkingの活用について」ご意見をいただき、ありがとうございました。
 ウォーキング推奨事業「+Walking(プラスウォーキング)」は、平成30年10月より開始し、大牟田市初となるスマートフォン用のウォーキングアプリ「おおむた+Walking」(以下「アプリ」という。)を提供しています。事業開始に当たり、報道発表、広報おおむた、ホームページ、関係機関やイベントでのチラシ配布等により随時事業の周知啓発を図っており、アプリの登録者は12月3日現在で429人と徐々に増加しています。
 一方で、ご意見のとおり、アプリの使い方がわからないという声もいただいており、ホームページ、フェイスブック「おおむたちょうどよ課」、アプリのお知らせ機能を通じて、アプリの機能紹介を行うなど周知を図っているところです。
 アプリを使うウォーキングイベントについては、11月3日(土)炭鉱(やま)の祭典において、アプリのAR機能を活用したウォーキングスタンプラリーを実施しました。そのほか、平成31年3月頃の実施を目指してウォーキングイベントを企画・検討しています。なお、アプリは、ARを活用したウォーキングスタンプラリー機能などにより、様々なウォーキングイベントと連携することができると考えていますので、関係機関や各種団体のウォーキングイベントの情報を収集し、主催者へ連携事業について打診し、アプリの活用を図ってまいります。また、大牟田商工会議所を通じて、市内の企業へも周知を図ってまいります。
 最後になりますが、アプリのAR機能ではジャー坊と一緒に記念撮影ができるなどアプリ内にジャー坊がたくさん登場しますので、ジャー坊とあわせてアプリの普及に努めます。
 今後も健康づくりに関心の薄い若者や壮年世代を中心に健康づくり意識の向上と運動の習慣化を図れるよう、ウォーキング推奨事業を推進してまいりますので、ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。
(平成30年12月 健康長寿支援課回答 TEL:0944-41-2668)
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12557)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。