総合トップへ

市議会議員削減の検討経緯の公表について

最終更新日:2019年3月15日
 

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 市議会議員の削減が提案され、定数が25名から24名の1名のみの削減で可決されました。福岡県内で人口規模が同じような都市が、議員定数20人で議会運営がなされており、支障は無いようです。
 議員の定数が24名になった、検討経緯の公表を望みます。 
(平成30年11月受付)
 
 

お答えします

 日ごろより市議会に関心を寄せていただき、ありがとうございます。
 議員定数削減に至った検討経緯につきまして本市議会では、これまでも議員自ら議員定数削減の取り組みを行っております。平成15年の改選時に30名の議員定数を定めて以降、19年の改選時に2名減、以下同様、23年に2名減、27年に1名減とし、改選時に毎回削減を行っております。
 議員定数のあり方につきましては、各議員が課題として認識しており、各会派一致して改選前の9月議会までに一定の結論を出す方向で進められてきました。その過程において、本市議会で実際に協議し、議論を進めていく上では、まず、議員各自の所属する会派としての意思形成が必要となる現状があります。
 具体的には、検討の参考資料として、平成30年の6月に近隣市の状況を各会派に提出したことをはじめ、以降、全国市議会議長会による市議会議員定数に関する調査結果など、順次、市議会事務局からの情報提供を踏まえ、その間、各議員の理解を深めるとともに、会派内で議論等を行いながら、会派としての合意思形成や協議などが行われてきたところです。
 このような中、最終的な結論としては、9月議会の最終日において、「大牟田市議会議員定数条例の一部を改正する条例案」が提出され、提出者代表の議員から提案理由が述べられ、採決の結果、賛成多数にて現在の議員定数25名から次の改選以降、1名減することが決定したものです。その本会議の発言や議事は、会議録として図書館はもとより、市議会のホームページでも閲覧できますし、また、本会議の模様はインターネットで映像配信しております。
 さらに、議論の過程において、経済団体から、さらなる議員定数の削減を求める陳情に対しましては、議会運営委員会で陳情審査を行っておりますし、その会議録についても、情報公開センターで請求手続きを経た上で公開しております。
 議員定数のあり方については、さらなる削減を求めるご意見や、削減は慎重に議論するべきで安易に減じるべきでないなど様々なご意見がある中で、人口の減少が続く本市の状況や本市を取り巻く厳しい情勢は今後も継続することが予測されること、市民意識などを総合的に勘案した結果、議会自らの取り組みにより判断し、最終的に今回の結論を出したものと捉えております。
 本市議会としましては、豊かなまちづくりの実現に向け、引き続き議会基本条例に規定する事項を着実に実行しながら、議会機能のさらなる充実・強化に一層努力していくこととされておりますので、今後ともご理解とご協力のほどお願い申し上げます。
(平成30年12月 市議会事務局回答 TEL:0944-41-2800)
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12558)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。