総合トップへ

新たに造られるごみ処理施設について

最終更新日:2019年3月25日
 

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 新たに造られるごみ処理施設は、近隣の自治体(みやま市・大木町)などで造られているようなごみ処理施設を造り、循環型リサイクルにしてください。
 良い取り組みをしている近隣の自治体を参考にして、次世代ごみ処理施設を造り、リサイクルを確立してください。
(平成31年1月受付)
 
 

お答えします

 日頃から環境行政の推進にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 現在本市は、資源が循環する環境にやさしいまちづくりに向け、ごみの減量化・資源化や廃棄物の適正処理に取り組んでいるところです。そうした中で、本市の燃えるごみの処理については、大牟田・荒尾清掃施設組合が運転管理を行っております「大牟田・荒尾RDFセンター」において、ごみをRDF(ごみ固形燃料)化し、これを隣接する大牟田リサイクル発電所で燃焼・発電するサーマルリサイクル(廃棄物等から熱エネルギーを回収すること)による資源循環型の処理を行っております。
 この大牟田リサイクル発電事業は、平成34(2022)年度までで終了することとなっていますが、「大牟田・荒尾RDFセンター」については、平成39(2027)年度以降までの5年間以上は継続利用することや、その後に新たな施設を整備することが、大牟田・荒尾清掃施設組合において決定されています。
 また、現在本市においては、今後のごみ処理のあり方や方向性を定め、将来のごみ量の推移やごみの資源化・減量化のための方策などを盛り込んだ「ごみ処理基本計画」の策定に向け取り組んでいるところです。このため、新たなごみ処理施設の整備に向けては、「ごみ処理基本計画」を踏まえ、今後のごみ量の推移を見据えた上で、施設の規模や処理方式などについて、他自治体の取組みも参考としながら、十分な検討を行ってまいりたいと考えております。
 今後も、本市環境行政の推進に向けて、引き続きご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。
(平成31年1月 環境総務課回答 TEL:0944-41-2725)
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12730)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。