総合トップへ

三井港倶楽部

最終更新日:2018年7月11日

三池炭鉱の繁栄を物語る明治期の洋館

1908(明治41)年、三池港の開港と合わせて開館されました。開館以来、三井財閥の社交場であるとともに、外国高級船員の宿泊や接待、皇族方をはじめとする政財界の迎賓館として利用されていました。また、その優美な洋風建築は日本建築学会より文化財の対象建築の推薦を受けており、市指定有形文化財に指定されています。現在は、レストランや結婚式場として利用されています。

旧三井港倶楽部 旧三井港倶楽部内部
外観写真


所在地:大牟田市西港町2丁目6番地

《開館時間》午前10時~午後9時(館内見学は午後5時まで)

《営業時間》

ランチ  午前11時30分~午後2時

ディナー ※前日正午までに要予約 午後5時30分~午後9時


定休日:毎週火曜日、特定日(不定)
お問い合わせ先:三井港倶楽部 電話0944-51-3710 ファックス0944-51-3737

三井港倶楽部のホームページへ 別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 観光おもてなし課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2750
ファックス:0944-41-2764
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:5807)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。