総合トップへ

災害応急対応高度化研修

最終更新日:2016年11月30日

 

災害応急対応高度化研修

 平成28年11月18日(金)消防本部において、市の職員を対象とした災害応急対応高度化研修を実施しました。

 

 この研修は、一般財団法人消防防災科学センターの事業を活用したもので、災害が発生直後に直面する各種問題

 について模擬体験をすることで、災害対策本部の情報収集・伝達・分析能力向上を目的として実施しました。


  詳細については、以下のとおりです。

  1.研修日時

   平成28年11月18日(金) 午前9時15分から午後3時30分まで

 2.  研修概要

    仮想都市「Z市」における災害対策本部の設置及び運営を想定した図上シミュレーション訓練。

   (図上シミュレーション訓練とは、災害対策本部の各部班を配置し、コントローラーからの情報に基づき、

    訓練参加者が対応を検討する訓練)

 3.  想定(地震災害)

    災害の発生日時は7月のある平日の午前中。

    平成16年の新潟県中越地震、平成28年熊本地震等のような被害が管内各所に発生する規模の地震を想定。

 

 研修の様子


一斉防災行動訓練    
・一斉防災行動訓練の様子
 研修開始時には、会場に緊急地震速報のブザー音が流れ、身の安全を守る行動をとりました。

訓練の様子1
訓練の様子2
訓練の様子3
   ・訓練の様子
    本部班や避難所班、土木班や消防班など各班に分かれ、それぞれの班でコントローラーからの状況付与に対応を検討し実施しました。
    またそれぞれの班で得た情報、活動状況について他の班と情報共有を図りました。


このページに関する
お問い合わせは

都市整備部 防災対策室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎北別館4階)
電話:0944-41-2894
ファックス:0944-41-2893
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:8602)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。