総合トップへ

熱中症にご注意ください!【大牟田市の暑さ指数(WBGT)の予測値および実況値を提供しています】

最終更新日:2018年7月24日

暑さ指数とは

 暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。
  単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい (1)湿度 (2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境 (3)気温の3つを取り入れた指標です。

 

 環境省熱中症予防情報サイトでは、大牟田市の暑さ指数の予測値および実況値が公開されています。
  以下をクリックし、ご確認ください。

 環境省熱中症予防情報サイト別ウィンドウで開きます(外部リンク)


 ※ 「九州地方」「福岡」「大牟田」を選択してください。

 ※ 観測地点:大牟田市笹原町 

 

 

画面サンプル ※最新の情報は、環境省熱中症予防情報サイトに掲載されています

  サンプル

 

 

 

(参考)日常生活における熱中症予防指針

 温度基準
(WBGT)

 注意すべき生活活動の目安

 注意事項

 危険
(31℃以上)

 すべての生活活動でおこる危険性  高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

 厳重警戒
(28~31℃)

すべての生活活動でおこる危険性  外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。

 警戒
(25~28℃)

中等度以上の生活活動でおこる危険性  運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。

 注意
(25℃未満)

 強い生活活動でおこる危険性  一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

 

熱中症とは

 熱中症とは、暑さによって、からだの水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かなくなり発症する障害の総称です。熱中症は生命に関わる病気ですが正しい知識と予防法を知っていれば防ぐことができます。
 電力不足などによる影響に伴い、広く節電が呼びかけられていますが、節電によりクーラーなどを使用しなかった場合における熱中症への注意が必要です。
 ○高温多湿で風がなく、日差しが強いときに起きやすくなります。

 ○屋外だけでなく室内でも重症化する例が多くなっています。

 ○高齢者や子ども、病気の人、体調の悪い人は重症化しやすいので注意が必要です。

 ○予防法を知っていれば防ぐことができます。

 ○応急処置を知っていれば救命できます。

  

このような症状があれば要注意

 
熱中症症状
    ※環境省 熱中症予防情報サイトより

分類            

 症状

 1度

 (現場での応急処置で対応できる軽症) 

 めまい・たちくらみ・筋肉痛・汗がとまらない

 2度

(病院への搬送を必要とする中等症)

 頭痛・吐き気・体がだるい(倦怠感)・虚脱感

 3度

 ( 入院して集中治療の必要性のある重症)

 意識がない・けいれん・高い体温である・呼びかけに対し返事がおかしい・まっすぐに歩けない、走れない

 ※熱中症の症状があれば、すぐに涼しい場所に移り体を冷やすこと、水分をとることが必要です。応答が明瞭で、意識がはっきり

     しているなら、水分の経口摂取は可能です。

 ※2度で自分で水分・塩分を摂れないときや3度の症状であればすぐに医療機関へ搬送が必要です。 
 

熱中症の予防法

 (1)暑さを避けましょう  

  •  屋外では帽子や日傘を使い、日陰を選んで歩きましょう 。
  •  室内では扇風機やエアコンを使い、室温が28度を超えないようにしましょう 。
  • (2) 服装を工夫しましょう

     通気性がよく、吸汗、速乾性のある衣類を選びましょう。

     黒色の服は避けましょう 。

     襟元は、閉めると熱や汗が逃げにくいため、できるだけゆるめましょう 。

    (3) こまめに水分を補給しましょう

     軽い脱水症状の時は、のどの渇きを感じないので、のどが渇く前に水分を補給しておきましょう 。

     たくさん汗をかいたら十分な水分の補給をしましょう。(大量に汗をかいた時は、塩分等のミネラル補給も忘れずに)

     飲み水として1日1.0リットルから1.5リットル摂る必要があります。就寝時、起床時、入浴前後、運動時、作業時、日中も定期的に

      補給しましょう。ただし水分摂取の制限をされている方は主治医に相談が必要です。
    (注意)アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排泄する作用があるので、汗で失われた水分を、ビール等で補うのは誤りです。

    (4) 急に暑くなる日に注意しましょう

     暑くなり始めの頃、急に暑くなる日、熱帯夜の翌日は注意が必要です 。

    (5) 暑さに備えた体作りをしましょう

     体が暑さに慣れていない梅雨の時期などは熱中症が起こりやすくなります。日頃から、ウオーキングなどで汗をかく習慣を身につけていると、暑さにも抵抗しやすく熱中症にかかりにくい体になります 。

    (6) 集団活動では個人の体調を考慮しましょう

     朝食や水分をとらずに行動する事は避けましょう。

     寝不足や二日酔い、風邪、下痢の状態、心肺機能が低下している人、小児や高齢者は注意が必要です 。

     

    熱中症に関する外部リンク

    『大牟田市消防本部 熱中症に関するホームページ』

    『国立環境研究所 熱中症予防情報』 別ウィンドウで開きます(外部リンク)

    『気象庁 高温注意情報』別ウィンドウで開きます(外部リンク)

    『厚生労働省 熱中症関連情報』別ウィンドウで開きます(外部リンク)

     

    このページに関する
    お問い合わせは

    保健福祉部 健康福祉推進室健康長寿支援課 健康対策担当
    〒836-0843
    福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健所3階)
    電話:0944-41-2668
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:983)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。