総合トップへ

「医師、歯科医師、薬剤師」かかりつけを持ちましょう。

最終更新日:2019年7月10日
 

「医師、歯科医師、薬剤師」かかりつけを持ちましょう。

「医師、歯科医師、薬剤師」は、医療のことを相談できる大切な存在です。

かかりつけがあれば、日常的な健康管理の相談に乗ってもらえ、病気の早期発見・治療にもつながります。

 

 医療機関との関係を築くには、あなたのちょっとした心構えが必要です。「上手な医師のかかり方10箇条」(厚生労働省研究班作成)を参考に

コミュニケーションを取りましょう。
上手な医者のかかり方 10箇条

第1 伝えたいことはメモして準備‥あらかじめメモ用紙に書いて話をすれば、伝えたいことをもれなく伝えることができますし、

                 お医者さんもわかりやすいですよね。

第2 対話の始まりは挨拶から‥顔を見て挨拶をすると、お医者さんとの対話もしやすくなるでしょう。

第3 よりよい関係づくりはあなたにも責任が‥一方通行ではなく、あなたとお医者さんがお互い協力することが大切ですね。

第4 自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報‥今までにかかった病気や不安な症状、飲んでいるお薬があったら、それも伝えましょう。

第5 これからの見通しを聞きましょう‥見通しが見えれば、今、何をすべきか良く分かりますね。

第6 その後変化も伝える努力を‥「よくなりました」「ひどくなりました」など、大切なコミュニケーションですね。

第7 大事なことはメモをとって確認‥お医者さんから聞いた話をメモしておけば、あとで確認できますね。

第8 納得できないことは何度も質問を‥分からないときは遠慮せず質問しましょう。

                   質問するのが難しかったら、理解できたことを言ってみるのもいいかもしれません。

第9 医療にも不確実なことや限界がある‥治療効果をあげることはできます。お互いの理解が必要ですね。

第10よく相談して治療方法を決めましょう。‥治療の効果や危険性もよく相談して、あなたの意志で決めましょう。


 

かかりつけ医とは

 病気になったときの初期の医療や日頃の健康相談を受け持つ、身近な医師のことです。かかりつけ医を持つと、あなたや家族の病歴、

これまでの検査結果、治療歴、アレルギーの有無などの情報が蓄積され、好みや食事などの生活習慣、日常の過ごし方についての相談にも

乗ってくれ、疾病の予防にもつながります。また、自分にあった治療のアドバイスをはじめ、より専門的な治療が必要かの判断、適切な

医療機関への紹介などしてくれる心強い存在です。

 

かかりつけ歯科医とは

 治療をはじめ、口の中の定期的なメンテナンスを行うことで、口の中の小さな変化にも気付いて対応してもらえます。

口の中の状態は、全身の健康につながっています。日頃から口腔ケアについて相談しましよう。

 

かかりつけ薬剤師とは

 どの医療機関で処方せんをもらった場合も、いつも調剤を受ける行きつけの薬局で、あなたの使っている全てのお薬を管理します。

かかりつけの薬局で、あなたの「かかりつけ薬剤師」をもちましょう。 

 

かかりつけ薬剤師はどんなことをするの

1 担当した患者さんが服用している全てのお薬情報を把握し、処方されたお薬について気を付けることなど詳しく説明します。

2 担当する患者さんのお薬を管理し、お薬の重複や飲み合わせ(相互作用)に危険なものがないかを確認します。

3 市販薬との飲み合わせや副作用情報も含め、健康に関する相談を受けます。

4 夜間や休日などの薬局の営業時間外でも、担当する患者さんからの相談に24時間体制で応じます。

  (時間帯によってはかかりつけ薬剤師以外の薬剤師が対応することもあります。)

5 担当する患者さんの服薬状況などを、処方した医師に説明し、必要に応じて処方の提案などを行います。

6 必要に応じてご自宅を訪問して、服薬しているお薬の整理などを行い、無駄がないようにします。

 

かかりつけを選ぶポイント

 ・自宅や職場から距離が近い

 ・説明が丁寧、親身になってくれる

 ・開業日、時間が生活のサイクルと合っている

 

かかりつけを探そう

下記のサイトから、検索が可能です。また、電話でも問い合わせができます。

医科、歯科 ふくおか医療情報ネット別ウィンドウで開きます

薬局    福岡県薬局情報ネット別ウィンドウで開きます

大牟田市保健福祉部保健衛生課 医務薬務担当 0944-41-2669

対応できる時間(月から金 午前8時30分から12時 午後1時から午後5時15分)

 休み (日、祝祭日 12月28日から1月3日)

 
 

限りある医療資源の有効活用を

 高度で専門性の高い医療を提供している医療機関や入院できるベッド等の医療資源には限りがあり、有効活用のため、医療機能が分担されています。軽傷の場合や軽症かどうか判断しにくい初診の場合などは、まずは、かかりつけ医、かかりつけ歯科医を受診しましよう。

 かかりつけ医、かかりつけ歯科医の判断で、必要であれば専門的な検査や治療、入院可能な病院を紹介してくれます。さらに必要であれば、特殊な医療や先進的な医療を行う、大学病院などの特定機能病院を紹介してくれます。

 医療機能の分担を理解して、必要に応じて適切な医療を受けられますよう、皆様のご協力をお願いいたします。



 

 

 

 


 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健所2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11825)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。