総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  届出・証明  >  戸籍・住民票  >  マイナンバー(個人番号)の通知カードについて
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  届出・証明  >  外国人住民  >  マイナンバー(個人番号)の通知カードについて
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  届出・証明  >  住民基本台帳ネットワーク  >  マイナンバー(個人番号)の通知カードについて
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  届出・証明  >  公的個人認証  >  マイナンバー(個人番号)の通知カードについて
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  社会保障・税番号制度  >  マイナンバー(個人番号)の通知カードについて
ホーム  >  組織から探す  >  市民部  >  市民課  >  マイナンバー(個人番号)の通知カードについて

マイナンバー(個人番号)の通知カードについて

最終更新日:2017年1月12日


平成27年11月以降マイナンバー(個人番号)を通知しています

 平成27105日にマイナンバー法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)が施行されました。法の施行にともない住民票を有する全ての方に12桁の「マイナンバー(個人番号)」を通知しています。

 

マイナンバー(個人番号)とは

・住民票を有する全ての人に対して、1人に1つの12桁の数字が指定されます。(重複はありません)

・マイナンバー(個人番号)は氏名、住所、性別、生年月日(基本4情報)に関連づけられています。

・原則として、一度指定されたマイナンバー(個人番号)は一生変わりません。

・提供を求めることができる者(国の行政機関や地方公共団体、勤務先など)以外は、マイナンバーの提供を求めてはならないと定められておりますので、みだりに他人に教えてはいけません。

・他人のマイナンバー(個人番号)を不正に入手したり、正当な理由なく第三者に提供したりすると処罰されます。
※「マイナンバー(個人番号)」は、大切なものです。紛失しないように大切に保管してください。

 

通知カード

・マイナンバー(個人番号)を通知する紙製のカードです。

・券面には、マイナンバー(個人番号)、氏名、住所、生年月日、性別が記載されます。

・マイナンバーが記載されている通知カードは、大切に保管してください。

・平成281月以降、職場や行政手続きなどの際にマイナンバー(個人番号)を証明する書類として提示することが必要です。通知カードは、本人確認書類ではないため、手続の際には、同時に本人確認書類(運転免許証や健康被保険者証等)の提示が必要です。

 ※マイナンバー(個人番号)カードであれば、1枚で済みます。(参照 マイナンバーカード(個人番号)カードを申請しまし

・引越しに伴う住民票の異動届出等の転居・転入手続き時には、券面の住所変更の手続きが必要ですので、必ずお持ちください。

・通知カードを紛失した場合は、再交付の申請時に、手数料が500円必要です。(平成28年1月1日以降)

 ※通知カードを紛失した場合、初回の交付手数料が無料のマイナンバー(個人番号)カードの交付申請をお勧めします。


通知カードが届いていない

1.初回発行の通知カードは、マイナンバー法施行日の平成27105日時点の住民票のデータで、転送されない簡易書留で世帯ごとに住民票の住所の世帯主宛に郵送されました
2.法施行日の平成27105日以降に出生の届出をされたり、国内に初めて転入の届出をされた場合は、「マイナンバー(個人番号)」が新たに付番されるため、随時、通知カードが住民票の住所世帯主宛(生まれたお子様等の名前では届きません。ご注意ください。)送付されています。


※通知カードが届いていない場合は、事前に市民課マイナンバー専用ダイヤル(0944-54-7788)に、ご確認のうえ、お受取ください。

 受取日時 平日 8時30分から17時15分まで

        ただし、木曜日は、19時00分まで

 

通知カード(案)イメージ

  

マイナンバー(個人番号)送付にかかる封筒について

 

通知カード封筒(案)

 

マイナンバー(個人番号)送付にかかる封筒に封入されているもの

(1) 宛名台紙(お問合せ先記載有り)

(2) 通知カード+個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書+音声コード台紙

(3) 説明用パンフレット(8ページ3つ折り)

(4) 個人番号カード申請書の返信封筒

通知カード同封書類(案)

 

マイナンバー(個人番号)制度の概要

マイナンバー(個人番号)制度は、国民の利便性を高め、行政を効率化し、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。マイナンバー(個人番号)制度が導入されることで、以下のような効果が期待されます。

・各種申請等の行政手続の際に提出する書類が減るなど、手続きが簡素化されます。

・社会保障・税・災害対策の分野で情報連携が円滑になり、行政機関などでさまざまな情報のやりとりのための時間や労力が削減されることで行政運営の効率化につながります。

・所得や行政サービスの受給状況を正確に把握しやすくなり、不当に負担を免れたり不正に給付を受けたりすることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細やかな支援を行うことができるようになります。

 


マイナンバーの詳細ついて

マイナンバー社会保障・税番号制度(内閣官房のホームページにリンク)

個人番号カード総合サイト(J-LISのホームページにリンク)

マイナンバー制度が始まります(大牟田市のホームページにリンク) 

 

 

 『マイナンバー総合フリーダイヤル』
 0120-95-0178(無料)
 ・平日 9時30分~20時00分 土日祝 9時30分~17時30分
 (年末年始12月29日~1月3日を除く)


※音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
 (1)通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)に関するお問い合わせ 「1番」
 (2)マイナンバー制度に関するお問い合わせ                 「2番」
 (3)マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について       「3番」


※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
 ・ マイナンバー制度に関すること           050-3816-9405
 ・「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または、

 「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」                      

                          050-3818-1250


※ 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
・ マイナンバー制度に関すること             0120-0178-26
・「通知カード」「個人番号カード」に関すること  0120-0178-27
(平日9:30~20:00、土日祝9:30~17:30の対応となります。)
 

大牟田市での通知カード及びマイナンバーカード(個人番号カード)に関するお問い合わせは

市民課 (マイナンバー専用) 0944-54-7788

【受付時間】平日:8時30分~17時15分

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
市民部 市民課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2602
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:6737)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。