◆2015年 9月1日・15日合併号 <No.1165>  
特集 まちかどレポート カルタックス情報 生活アンテナ 市民のひろば その他記事     
   日野晃博さんが銀水小にやってきた!  


ジバニャンの画像

日野さんと銀水小子どもたちの画像
クリックすると拡大表示されます

 さまざまなジャンルの第一線で活躍する著名人が、ふるさとの母校を訪ね、後輩たちのためにとっておきの授業を行うNHKの番組、「課外授業ようこそ先輩」の収録が銀水小学校で行われ、8月に放映されました。
 先輩は、子どもたちに大人気の「妖怪ウォッチ」の制作会社、レベルファイブ社長・日野晃博(あきひろ)さん。 「みんなが知ってくれているような作品になった、そのお返しをしたい」と語る日野さんが、後輩たちに伝えてくれたこととは―

コマさんの画像
妖怪の作り方

授業の様子の画像授業の様子の画像授業の様子の画像
授業の様子の画像
自分を妖怪にしてみよう!

 6月30日、5年2組の教室。待ちに待った先輩、日野晃博さん(以下、先輩)が現れました。
 大好きなキャラクターを生み出した先輩に憧れのまなざしを向ける子どもたち。先輩は自分のことを語り始めだしました。
 遊ぶことが大好きで、ゲームばかりしていた小学生時代。自分の好きなことは最後までとことんやり抜いたこと。小学6年生の頃に、独学でプログラムを作る勉強を始めたこと。「好きなことをするときは、人は一番輝くし、人に優しくもなれる。将来仕事を選ぶときは、自分が一番好きなことをしよう」

 授業の最初の課題は「自分を妖怪にしてみよう」。まず、自分の個性、人と比べて違うところを考えます。良いところも悪いところも大事にして、その個性を妖怪にします。くすっと笑ってもらえるかがポイント。
 こうして作られた個性豊かな妖怪たちは、「しつモンキー」「あきるぼう」など。細かい設定もしっかり考えてあり、先輩も「このままアニメやゲームのキャラクターに使えそう」と感心していました。

USAピョンの画像
空想力を磨く

取材の様子の画像 話し合いの画像
取材の様子の画像 発表の画像

学校の「妖怪不祥事案件」を探せ

 先輩が大切にしているのは、「空想する力」。空想力は、妖怪を作るときだけのものではありません。
 「人と仲良くするときも、空想力は大事。プレゼントを選ぶ時、相手に喜んでもらえるかを考えて選ぶでしょう。相手のことを考えて行動することは、大人になって仕事をするようになってからもとても重要」そう話す先輩の言葉を、子どもたちは熱心に聞き入っていました。

 空想力を磨くため、次の課題では学校にいる妖怪の話を作ります。まずは、妖怪が学校内で引き起こす事件「妖怪不祥事案件」探し。子どもたちは、取材ノートを手に、職員室や保健室、トイレなどを回り、みんなの困り事を取材したり、話し合ったりしながら探していきました。
 こうして見つけた「妖怪不祥事案件」を引き起こしている妖怪を考え、事件を解決するまでの話を紙芝居にまとめました。
 紙芝居の発表後、「名前の付け方がいいね」「今いる(妖怪ウォッチの)キャラクターと似ているけど、そこはどうする?」などの丁寧な振り返りがあり、学習もより深まったようです。

 今回、2日間にわたって行われた課外授業。そこで学んだ「空想する力」はきっと将来子どもたちの力となってくれることでしょう。

〜銀水小学校の妖怪たち〜

こわれん紙

こわれん紙の画像

いつも怒っている
本や紙を破かせるぞ
落とすゾウ
落とすゾウの画像
長い鼻でいろいろな
ものを落としちゃう
けしゴム落としとキーロック
けしゴム落としとキーロックの画像
授業中消しゴムを落とす妖怪と
鍵を閉めて困らせる妖怪だ
ころばせ兄ちゃん
ころばせ兄ちゃんの画像
自慢のバットとボールで人間を転ばせるぞ
usoピョン
usoピョンの画像
「うそぴょーん」が口癖で、うそが大好き
カメッパ
カメッパの画像
トイレのスリッパを並べても、すぐばらばらにしちゃうぞ


Interview
日野晃博さんの画像

―子どもに対してとても真摯に向き合われていると感じました。
 子どもに限ってではなく、受け手に対しての姿勢です。「妖怪ウォッチ」を作るときも、今の子どもたちが何に困っているかを徹底的に調べ、考えました。だから、「妖怪ウォッチ」の話は子どもたちの「あるある」になっています。

―今回の授業でどのようなことを感じられましたか?
 子どもたちは、とても素直ですね。良い意味での田舎感から生み出される人間関係というか。普段から関係の良いクラスなのだなと感じました。授業では、予想していた以上のものを出してきてくれて正直驚きました。

―大牟田の子どもたちへメッセージをお願いします。
 大牟田でも、東京でも、どこにいても夢を見ることはできる。何事も遠い世界のことだと思わずに、頑張ってほしい。

(C)2014 LEVEL-5 Inc. (C)2015 LEVEL-5 Inc.

 TOPページへ
 ご意見募集
ご覧頂いた記事や広報紙面について、ご意見やご感想を寄せて下さい。 

内容についての問合せは各担当課まで。このホームページ全般に関する問合せは、大牟田市秘書広報課広報担当へどうぞ。
メールアドレスhisho-kouhou01@city.omuta.lg.jp 電話:0944-41-2505(直通)                大牟田市HP TOPページへ