◆2016年 5月1日号 <No.1177>  
特集 まちかどレポート カルタックス情報 生活アンテナ 市民のひろば その他記事     
   その他記事  


きらり青春! Young Real Voice

山田 真衣さんの画像
クリックすると拡大表示されます
日本茶アドバイザーとして活動する
山田 真衣さん

女神輿の山田 真衣さんの画像
 家業の茶販売を2年前から手伝い、日本茶インストラクター協会日本茶アドバイザーという日本茶の文化や知識を伝える専門資格を取得し、地域のサロンなどへも講師として出向いています。
 現在は支店を任され、大変なことも多いですが、お客様の温かさに支えられ頑張っています。家業も創業七十周年を迎えたので、お客様一人ひとりと向き合いながらその伝統を引き継いでいきたいと思っています。
 生粋の大牟田っ子で、大蛇山には3歳から毎年欠かさず参加しています。現在は、大牟田神社二区祇園祭の女神輿に所属しており、女神輿の元祖は二区祇園祭ですので、その伝統を受け継いでいきたいです。
 また、5月3日の「おおむた世界遺産登録祝賀どんたく隊」にも参加します。多くの方々に大牟田の大蛇山まつりを知っていただくために、一生懸命アピールしたいですね。

飼育日誌
◆動物園 電話56-4526
◆開園時間 9:30〜17:00

◆5月の休園日 9日(月)・23日(月) ※ 5月3日〜5日は18:00まで

動物園の人気者

リンのお嫁さん「プリン」がやってきました

 3月8日に埼玉県こども動物自然公園から雌キリンの「プリン」がやってきました。来園して1週間程は新しい環境に落ち着かずそわそわ歩き回っていましたが、今では安心して餌もしっかり食べています。雄キリン「リン」との初めての顔合わせでは、プリンはすぐにリンに近づき頼りにしている様子でしたが、リンは最初戸惑っている感じでした。でも、2頭の相性は悪くはなく、展示場で同居させる時間も増えてきていて、2頭が寄り添う姿もたまに見ることができます。プリンはまだ子どもなので、リンとの間に赤ちゃんが生まれるまであと3年以上かかります。
 プリンが安心して出産を迎えられるよう、そして2頭がより一層安心して暮らせるよう努めていきたいと思います。

仲良く寄り添うリン(左)とプリン(右)の画像
仲良く寄り添うリン(左)とプリン(右)
ハートのイラスト
プリンの画像

わっしょいまちづくりロゴマーク ※校区まちづくり協議会の取り組みや行事などを紹介します。
倉永校区「くらなが祭り」
【倉永校区】
 倉永校区まちづくり協議会では、校区の一大事業として、今年も5月22日(日)に倉永小学校運動場でくらなが祭を開催します。校区のまちおこしと地域を担う人材の発掘・育成を目的とし、「明るく、元気で、オシャレして」をキャッチフレーズとしています。
 当日は、ひょっとこ踊り、フラダンスなどの演芸やバザーのほか、市外からの豪華ゲストによるライブも予定されていますので、皆さんの来場をお待ちしています。
※当日は雨天決行ですが、この場合ステージイベントは倉永小学校体育館で行います。

昨年のくらなが祭の様子の画像
▲昨年のくらなが祭の様子。
 今年もたくさんのステージイベントを予定しています

ひょっとこ踊りの画像
▼大牟田福笑会によるひょっとこ踊り




 TOPページへ
 ご意見募集
ご覧頂いた記事や広報紙面について、ご意見やご感想を寄せて下さい。 

内容についての問合せは各担当課まで。このホームページ全般に関する問合せは、大牟田市秘書広報課広報担当へどうぞ。
メールアドレスhisho-kouhou01@city.omuta.lg.jp 電話:0944-41-2505(直通)                大牟田市HP TOPページへ