◆2017年 3月1日号 <No.1192>  
特集 まちかどレポート カルタックス情報 生活アンテナ 市民のひろば その他記事     
   まちかどレポート  
カメラのイラスト市内の出来事や市内で活躍する「人」「団体」などにスポットをあて、紹介するコーナーです。
身近な情報を秘書広報課(電話41-2505 メールkouhou01@city.omuta.lg.jp)へ寄せてください。


なかじー&リヴィエール「3月1日まであと10日!」

なかじーの画像リヴィエールの画像

 大牟田市出身のタレント・中島浩二さん(通称なかじー)と、大牟田市をはじめ各地で活動を行っている「リヴィエール」による「Talk&Concert」が、2月19日に石炭産業科学館で開催されました。
 中島さんは「1人ひとりがこんなまちにしたい、という思いを持ち、それを楽しむことが、これからの大牟田の100年をより良いものにしていく」と話しました。リヴィエールは、三池炭鉱関連資産の世界遺産登録へ向けた機運を高めるために作曲し、登録決定後にはアレンジも加えた「新世界遺産」のほか「大牟田行進曲」などを演奏しました。会場には100人以上が来場し、大牟田愛に満ちたトークと音楽を楽しみました。

東京大学で海洋学習の成果を発表しました!
学習成果発表の画像

 「第4回全国海洋教育サミット」が2月5日、東京大学本郷キャンパスで開催され、本市からは3校の小学生児童が参加し、海洋教育の学習成果を発表しました。
 海洋教育とは「海に親しみ、知り、守り、利用する」学習を進める教育です。本市では昨年10月から東京大学と連携して、この海洋教育に取り組み、三池港や有明海、諏訪川を題材に研究を進めています。発表したのは、みなと・天領・天の原小学校の児童で、それぞれが学習したテーマについて堂々と発表しました。3校の児童の学習成果に、全国から参加した教育関係者等からは称賛の声が上がりました。


テクノパークで相次ぎ開所式
岡村電産大牟田テクノパーク工場開所式の画像アスカインデックス九州テクニカルセンター開所式の画像

 大牟田テクノパークへ進出を決定した企業が、相次いで始動しました。「株式会社岡村電産大牟田テクノパーク工場」が1月27日に、「株式会社アスカインデックス九州テクニカルセンター」が2月13日に開所式を行い、新たなビジネス展開へスタートを切りました。
 両社は、本市の陸・海の交通の便の良さを備えた立地環境を強みに、九州や西日本エリアへの新たな事業展開に取り組む予定です。


未来のアスリートを目指して!
第14回西日本中学駅伝競走大会の画像

 第14回西日本中学駅伝競走大会が2月5日、イオンモール大牟田を発着点に開催され、本市からは女子4チーム、男子5チームの中学校が参加しました。選手たちは「1秒でも早くタスキをつなぐ」思いで全力疾走し、駆け付けた保護者や沿道の皆さんから、大きな声援が上がっていました。
 九州内外から強豪チームが集まるなか、女子は白光中学校が27チーム中15位、男子は田隈中学校が26チーム中11位と健闘しました。


おいしい給食、いつもありがとう
給食週間表彰式の画像

 給食週間表彰式が1月29日、中学校給食センターで行われ、ポスター、標語、レシピの入選者へ、教育長から賞状が授与されました。
 給食週間は、学校給食の役割や、家庭での食生活などについて考えてもらう機会です。ポスター、標語は、給食や食への感謝の気持ちが、子どもたちの素直な言葉やのびのびとした絵で表現されていました。レシピは、子どもたちが家庭や学校で学んだ成果を取り入れて考えたもので、入賞作品は給食の献立にも採用されるということです。


楽しく防災について学びました
消化訓練の画像
バケツリレーの画像


 楽しみながら、地域防災の意義、住民同士の支え合いの大切さを学ぶ防災運動会が2月5日、天領小学校で行われました。本市では毎年場所を変えて開催され、今回で4回目となります。子どもから高齢者、障害のある人など多くの人が集まり、非常食準備競争や搬送リレー、バケツリレーなどを競技し、楽しみながら防災の大切さを学びました。また、煙体験テント体験や消火訓練などもあり、まるごと防災を体験できる1日でした。


 TOPページへ
 ご意見募集
ご覧頂いた記事や広報紙面について、ご意見やご感想を寄せて下さい。 

内容についての問合せは各担当課まで。このホームページ全般に関する問合せは、大牟田市秘書広報課広報担当へどうぞ。
メールアドレスhisho-kouhou01@city.omuta.lg.jp 電話:0944-41-2505(直通)                大牟田市HP TOPページへ