◆2017年 3月1日号 <No.1192>  
特集 まちかどレポート カルタックス情報 生活アンテナ 市民のひろば その他記事     
   その他記事  


きらり青春!

被災地の現実を伝えていきたい
ありあけ新世高等学校3年の画像
クリックすると拡大表示されます
ありあけ新世高等学校3年
左から、 久間 明日香さん、末藤 真優さん
    田中 美樹さん、中村 恵理子さん

現地での画像
▲現地の様子を肌で感じました
 昨年3月に東日本大震災から5年が経ったという報道を見ていて、自分たちが震災のことを忘れかけていることに気づきました。そして、「自分たちができることは何か?でも、その前に自分の目で現地を見たい。」との思いから、被災地である福島県を訪問することを発案しました。自らで旅費を調達するために、フレグランスフラワーという花のオブジェを、専門店の協力を得て3年生の有志で制作・販売し、私たち代表4人が昨年10月、引率の先生たちと一緒に福島を訪問しました。
 福島では、相馬市や浪江町を訪れ、現地の高校生と交流、報道では伝わってこない、想像とは違う大変な現実、そしてそこに住んでいる人の思いを肌で感じてきました。このことを皆に伝えるため、文化祭や総合学科の発表会で報告しました。
 私たちは今年で高校を卒業し、それぞれの道へ進んで行きますが、被災地を訪れて経験し、学んだことを、今後も周りの人へ伝えていきたいと思います。


広報アーカイヴ
広報紙で振り返る大牟田市の歴史

市政だより・昭和42(1967)年7月号
市制50周年式典開催

市政だより・昭和42(1967)年7月号の画像
クリックすると拡大表示されます

 昭和42(1967)年3月、市制50周年を迎えた本市は、同年7月19日に市民会館で記念式典を開催しました。昭和29(1954)年に建設された同館は、市制50周年記念事業として冷房工事がなされ、式典は快適な環境の中で盛大に行われました。当時の人口は約19万人で、大正6年市制施行時の6万人から約3倍となっていました。しかし、エネルギー革命のあおりで、石炭産業に陰りが見え始めており、この時すでに、人口は緩やに減少し始めていました。

こんな時代でした
昭和42年10月号の画像
昭和42年10月号

 市の北部地域への配水の充実を図るために、市の中心で高台にある延命配水池の工事が始まりました。風光明媚(ふうこうめいび)な公園内への建設には反対の声もあったため、景観を損なわない設計がなされました。


料理の味見のイラスト


おいしく、健康に

わが家の簡単レシピ
◆協力 大牟田市食生活改善推進員協議会

食材の力を生かしておいしく健康に!

いわしとチンゲン菜の黒酢煮

栄養成分(1人分)
熱 量…223キロカロリー
たんぱく質…16.2グラム
食塩相当量…2.4グラム

◆分量(4人分)
いわし4尾、長ねぎ1本、しょうが1かけ、チンゲン菜1株
(a)…黒酢2カップ、醤油1/3カップ、ごま油大さじ1

◆作り方
(1)いわしは頭、うろこ、内臓を取り、等分に切る。水洗いし水分をふき取る。
(2)長ねぎは、白い部分5cmを白髪(しらが)ねぎにする。残りはぶつ切りし、鍋に並べて薄切りしたしょうがを乗せる。
(3)(2)に(a)と(1)を入れて火にかけ、30分コトコト煮る。
(4)チンゲン菜をさっとゆでる。
(5)チンゲン菜を皿に沿って並べ、煮込んだ長ねぎを敷き、その上にいわしを盛り、白髪ねぎを飾る。

いわしとチンゲン菜の黒酢煮の画像

健康ワンポイント
 いわしは良質なたんぱく質に加え、ミネラル、ビタミンB群、不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富で、血栓を予防する効果があるといわれています。
 骨付き肉や魚を黒酢で煮ると、カルシウムを効率よく吸収できます。しょうが、長ねぎはいわしの臭みを和らげると同時に、体を温め風邪の予防にもなります。

わっしょいまちづくりロゴマーク ※校区まちづくり協議会の取り組みや行事などを紹介します。

【銀水校区】〜久留米市のコミュニティセンターの視察〜 
安武校区コミュニティセンターの画像
▲安武校区コミュニティセンター
柴刈校区コミュニティセンターの画像
▲柴刈校区コミュニティセンター

 銀水校区まちづくり協議会では、三池地区公民館の地域力アップ支援事業を活用して、1月18日に、久留米市の安武校区コミュニティセンターと柴刈校区コミュニティセンターの視察を銀水まち協13人と三池地区公民館3人の計16人で行いました。
 視察先では、コミュニティセンターで行われている事業や今後の課題などを詳しく説明してもらいました。
 視察終了後、参加者の中からは「コミュニティセンターをもっと活用しなければならない」「組織内の部会を充実する必要がある」「リーダーを育成して仕事を分担することも必要」などといった声が上がっています。
 銀水校区まちづくり協議会では、今回の視察で学んだことを生かし、銀水校区コミュニティセンターを地域の活動拠点として取り組んでいくことにより、さらなる地域活動の活発化が期待できます。

視察風景の画像 視察風景の画像
コミュニティセンターの視察風景


 TOPページへ
 ご意見募集
ご覧頂いた記事や広報紙面について、ご意見やご感想を寄せて下さい。 

内容についての問合せは各担当課まで。このホームページ全般に関する問合せは、大牟田市秘書広報課広報担当へどうぞ。
メールアドレスhisho-kouhou01@city.omuta.lg.jp 電話:0944-41-2505(直通)                大牟田市HP TOPページへ