◆2017年 3月1日号 <No.1192>

 
特集 まちかどレポート カルタックス情報 生活アンテナ 市民のひろば その他記事     
   市の支援を活用し校区まちづくり協議会の活動がより活発化!  


 大牟田市地域コミュニティ基本指針や大牟田市協働のまちづくり推進条例により、市は地域のコミュニティづくりのために、市の役割を定め、さまざまな支援を行っています。校区まちづくり協議会では、このような支援を活用し、会議の運営や地域活動を進めています。
 今回は、市の校区まちづくり協議会への支援の実績について、お知らせします。


 校区まちづくり協議会に対する市の支援は、次のとおりです。
(1)校区まちづくり協議会の設立支援
 校区まちづくり協議会は、20校区中18校区で設立されていて、全ての校区まちづくり協議会が、市の支援を受けています。

校区まちづくり協議会の設立状況
年度 設置
校区
校 区 名
23
4
玉川、手鎌、上内、吉野
24
6
みなと、大正、平原、倉永、天領、銀水
25
5
駛馬北、上官、三池、明治、羽山台
26
0
 
27
3
天の原、大牟田、白川
28
±0
大牟田と上官が大牟田中央に再編、駛馬南

(2)活動資金確保への仕組みづくり
 校区まちづくり交付金制度を整備し、校区まちづくり協議会の運営や事業の実施に対し、支援を行っています。

28年度の交付金の交付状況
金  額 校 区
〜100万円 駛馬南
100〜200万円 玉川、白川、羽山台
200〜250万円 みなと、天領、駛馬北、天の原、大正、明治、平原、三池、上内、倉永
250〜300万円 大牟田中央、手鎌
300万円〜 銀水、吉野
※駛馬南校区は、年度途中(11月)設立のため、一部交付。

 校区まちづくり交付金の金額は、校区人口を基に算出しています。
 このため、各校区まちづくり協議会は、校区民全員を対象とした事業に取り組むとともに、協議会の広報誌を校区内の全世帯に配布しています。

玉川校区のどんど祭のチラシの画像
玉川校区のどんど祭のチラシ
玉川校区のどんど祭のチラシの画像
平原校区の平原フェスタ・ペタンク大会
三池校区のチラシの画像
三池校区のチラシ


(3)活動拠点確保への支援
 地域活動を活発化するためには、活動の拠点が必要です。
 市では、校区コミュニティセンターの設置にかかる基本方針を定め、地域の皆さんと協議し、設置の条件などが整った校区から、校区コミュニティセンターの整備を進めています。
 整備にあたって、地区公民館がある校区は、その中に校区まちづくり協議会の事務所機能を整備し、地区公民館や他の公共施設もない校区は、新たに校区コミュニティセンターを整備することとしています。

校区コミュニティセンターの設置
設置
年度
校区 設置場所
26
手鎌 手鎌地区公民館内に設置
明治 明治会館内に設置
27
天領 旧諏訪小学校跡地に新設
倉永 倉永小学校敷地内に新設
28
大正 大正小学校敷地内に新設
銀水 旧久福木保育所跡を改修
上内 上内小学校敷地内に新設


くらなが祭の画像
コミュニティセンターの開所と同時に始まったくらなが祭


(4)人材育成支援
 組織を維持していくためには、人材育成や加入促進活動が大切です。
 人材育成については、校区まちづくり協議会と協力して、研修会を実施したり、先進地を視察したりしています。

防災に関する講習会の画像
防災に関する講習会

加入促進チラシ

加入促進チラシの画像

 加入促進チラシは、各町内公民館や自治会でも活用できます。詳しくは、地域コミュニティ推進課まで連絡してください。

(5)地域総合窓口の設置と地域担当職員の配置
 市の地域総合窓口として「地域コミュニティ推進課」を設置するとともに、地域担当職員5人を配置し、地域と行政のパイプ役、まちづくり推進のサポート役として、地域の皆さんと一緒に活動しています。

◇これからの校区まちづくり協議会
 校区まちづくり協議会は、市の支援策を活用しながら、自主的に地域課題を解決していく組織へと進んでいます。
 このためには、多くの地域の皆さんの協力が必要ですので、まずは、地域組織への加入をお願いします。

人の輪のイラスト

上内校区コミュニティセンターがオープン
 28年12月1日、上内校区コミュニティセンターを上内小学校の敷地内に開設しました。
 1月22日には、約30人の関係者の出席のもと、上内校区コミュニティセンターの開所式が行われ、開所を祝うとともに、今後の上内校区について活発な意見が交わされました。
 上内校区では、校区コミュニティセンターを活動拠点とした、さらなるまちづくりが始まります。

上内校区コミュニティセンターの画像 開所式の画像

防犯灯の設置者は誰?
 大牟田市では、防犯灯は、地域の皆さんが設置・管理していて、市は設置費用と電気料の一部を補助しています。皆さん、防犯灯の維持管理に協力しましょう。

■問合せ 地域コミュニティ推進課(電話41-2614)

「まち協」奮闘中
駛馬南校区
〜安心安全で人情豊かな地域づくりを目指して〜
赤星正弘さんの画像

駛馬南校区まちづくり
協議会会長 赤星正弘さん

 駛馬南校区では、27年12月に設立のための委員会を組織し、約1年間をかけて会議や説明会の開催を重ね、28年11月6日、校区まちづくり協議会を設立しました。
 設立までは、まち協の設立機運が熟していないのではないか、急いで設立する必要はないのではないか等の意見が出ましたが、校区再編を控えていることや、町内公民館加入促進の活動を進めていくことを説明し、理解いただきました。
 今後は、安心安全で住み良い地域づくりを目指し、駛馬南校区が、これまでよりもさらに良い校区になるよう、努力していきたいと思っています。

ひとり暮らし高齢者の集いの画像
ひとり暮らし高齢者の集い

 

 TOPページへ
 ご意見募集
ご覧頂いた記事や広報紙面について、ご意見やご感想を寄せて下さい。 

内容についての問合せは各担当課まで。このホームページ全般に関する問合せは、大牟田市秘書広報課広報担当へどうぞ。
メールアドレスhisho-kouhou01@city.omuta.lg.jp 電話:0944-41-2505(直通)                大牟田市HP TOPページへ