◆2017年 3月1日号 <No.1192>  
特集 まちかどレポート カルタックス情報 生活アンテナ 市民のひろば その他記事     
   これからの季節は注意が必要です! 光化学オキシダントと微小粒子状物質(PM2.5)  


●光化学オキシダントとは
 自動車や工場・事業場などから排出される窒素酸化物と、ガソリンや溶剤などに含まれる揮発性有機化合物が、太陽の紫外線によって光化学反応を起こして生成されます。光化学オキシダントの濃度が高くなると、目や喉の痛み、息苦しさといった人の健康への影響が出てくることがあります。

●光化学オキシダント濃度が高くなる時期は?
 3月から8月にかけての日差しが強く、気温が高い風の弱い日などです。県内では28年5月30日に福岡市などで注意報が発令されました。大牟田市では今までに注意報等は発令されていませんが、今後も注意が必要です。

 注 意 報…0.12PPM以上
 警  報…0.24PPM以上
 重大警報…0.40PPM以上


●PM2.5濃度が高くなる時期は?
 冬季から春季にかけて上昇する傾向が見られます。県内では27年3月22日に、福岡地域および北九州地域で注意喚起が行われました。筑後地域では注意喚起が行われたことはありませんが、今後も注意が必要です。
 暫定指針値を超えていない場合は過度に心配する必要はありませんが、呼吸器系、循環器系の疾患がある人は、かかりつけ医に相談してください。
【環境基準(注1)】日平均値1立方メートル当たり35マイクログラム以下
【暫定指針値(注2)】日平均値1立方メートル当たり70マイクログラム
(注1)人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準
(注2)注意喚起のための暫定的な指針

●測定値の確認方法
 市環境保全課に電話で問い合わせるほか、大牟田市のホームページ「大牟田市大気環境常時監視システム」や福岡県のホームページ「福岡県の大気環境状況」でも確認できます。

福岡県の大気環境状況の携帯サイトはこちら
QRコード
QRコード

 また、NHK福岡放送局(総合テレビ)のデータ放送でもPM2.5の測定値を確認できます。リモコンの「dボタン」を押して、「PM2.5情報」を選択してください。

●注意報・注意喚起情報の配信
 「愛情ねっと」に登録すると、注意報や注意喚起情報を配信します。

 また、自動音声案内(電話881)で発令状況を確認することもできます。
〈パソコン〉http://ai-jo.net/Community/index.php
〈携帯〉http://ai-jo.net/Community/mobile/

愛情ねっとの携帯サイトはこちら
QRコード
QRコード

光化学オキシダント注意報が発令されたら…
・屋外での激しい運動は避けましょう。
・できるだけ屋内で過ごしましょう。
・自動車やバイクなどはできるだけ使わないようにしましょう。

せきのイラスト
●喉が痛くなったり、せきやたんが出たりしたら…
→水でうがいをしてください。
目をこするイラスト
●目がちかちかしたり、痛みを感じたりしたら…
→こすらずにきれいな水で洗い流してください。
●症状がひどいときは…→医師に相談してください。

PM2.5注意喚起が行われたら…
・不要不急な外出や屋外での激しい運動は控えましょう。
・室内の換気は必要最小限にしましょう。

■問合せ 環境保全課(電話41-2721)

 TOPページへ

 ご意見募集
ご覧頂いた記事や広報紙面について、ご意見やご感想を寄せて下さい。 

内容についての問合せは各担当課まで。このホームページ全般に関する問合せは、大牟田市秘書広報課広報担当へどうぞ。
メールアドレスhisho-kouhou01@city.omuta.lg.jp 電話:0944-41-2505(直通)                大牟田市HP TOPページへ