総合トップへ

食文化があるまち

 日本有数の出炭量を誇った三池炭鉱は、大牟田に日本有数の企業を誕生させ、それをきっかけとして東京の人との交流も活発となり、このことが大牟田の食文化に磨きをかけました。
 また、大牟田市は、西部を有明海、北東部~東部を低い山に挟まれていることから、海と山の特産品も意外と多いのが特徴です。
 


菓子文化

 最盛期には市内に200軒以上もの菓子店が軒を連ね、仕事に疲れた炭鉱マンたちがこぞって甘いお菓子を口に運びました。
 
かすてらまんじゅう 草木饅頭

「かすてら饅頭」

 焼き饅頭の“元祖”がこの「かすてら饅頭」。明治初期に大牟田で誕生し、全国各地の有名銘菓のルーツとなっています。
 店舗によって微妙に違う食感・風味と、地元の物産展などでしか食べられない焼きたてを是非味わってみてください。      

「草木饅頭」

 しっとりとした薄皮で包まれた蒸し饅頭。中には口当たり滑らかな白餡がぎっしり詰まっています。

 大牟田市の「草木」の地で誕生し、約100年もの間愛され続けている大牟田を代表する銘菓です。


 

自然の恵み

 日本で初の民営農事試験場で誕生した早生みかん、福岡県下で一番早く出荷される早だしたけのこ、大粒で糖度の高く爽やかな酸味の巨峰、地元特産の三池高菜を使った高菜漬け、有明海の恵みをたっぷりと受けた風味豊かな福岡有明のり等、美味しいものがぎゅっとつまっているまちです。

 

みかん

 大牟田は日本の「早生みかん」発祥の地。
 日本発の民間農事試験場で誕生したみかんは、潮風と太陽の恵みを一身に浴び、甘さ・酸味豊かな、極上のみかんです。
 
 
たけのこ
 福岡県下で最も早く出荷される「早出したけのこ」。
 出荷量も少なく珍重されています。 
 
 
玉川ぶどう
 大粒で甘みの強い巨峰は、大牟田の山の裾野で作られており、作り手の愛情をたっぷり受けた黒い宝石です。
 
 
 
高菜漬け
 ここ大牟田・三池地方発祥の「三池高菜」。
 “高菜漬け”は昔から多くの人に愛されている、ピリッとした辛味が癖になる一品です。
  
 
福岡有明のり
 干満の差、日本一の“有明海”。
 広大な遠浅の干潟には、シーズンともなると見渡す限りの海苔養殖場が広がります。
 全国屈指の味・品質を誇る「福岡有明のり」は、まさに“有明の恵み”そのものです。
 


大牟田×B級グルメ

 独自の進化を遂げたおおむたの“B級グルメ”お好み焼き、大牟田ラーメン、おおむた洋風かつ丼。昔あたらしい「おおむた」をご賞味ください。

お好み焼き
ラーメン
洋風かつ丼

「お好み焼き(ダゴ)」

 実は大牟田は、人口比に対してお好み焼き屋の数が、全国屈指のまち。“ダゴ”とも呼ばれ、店によって特徴の異なるお好み焼き。

「大牟田ラーメン」

 太めの麺と濃い味が特徴の大牟田ラーメン。ルーツは何と「岡山」。石炭産業で沸く大牟田に、岡山から来た4人の男たちによってもたらされたものです。

「おおむた洋風カツ丼」

 閉店するまで「松屋デパート」で大人気だったメニュー“洋風かつ丼”が、“おおむた洋風かつ丼”として復活し、市内の様々なお店で食べることができるようになりました。



お土産を買うならここ!!

 定番からインパクトのある商品まで、おすすめのお土産が勢ぞろいです。
 
大牟田観光プラザの画像新大牟田駅観光プラザの画像道の駅「おおむた」の画像

<大牟田観光プラザ>
JR鹿児島本線 大牟田駅東口側
電話:0944-52-2212

営業時間:9時30分~18時
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日振替)

    12月31日~1月1日

http://www.sekoia.org/plaza.html

<新大牟田駅観光プラザ>
九州新幹線 新大牟田駅構内
電話:0944-58-2216

営業時間:9時~17時30分
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日振替)

    12月31日~1月1日

http://www.sekoia.org/plaza.html

<花ぷらす館 道の駅「おおむた」>
九州自動車道南関ICから約1km
電話:0944-50-1187

営業時間:9時~18時
年中無休(臨時休館あり)

http://hanapluskan.com/