総合トップへ

大牟田市民文化のつどい 大牟田押花フェスタ2017が開催されています

最終更新日:2017年9月22日
 

大牟田市民文化のつどい 大牟田押花フェスタ2017開催

自然の美しさとアートの融合 四季の草花が鮮やかな絵画に
大牟田文化会館展示室で大牟田押花の会による押花絵画展・大牟田押花フェスタ2017が開催されています。
市内外で活動する押花インストラクターの作品100点が展示され、色とりどりで鮮やかな季節の花が自然のまま絵画に生まれ変わった押花絵は訪れた人を魅了しました。
同絵画展は9月21日(木曜日)~24日(日曜日)まで開催されています。
ぜひお気軽にお出かけください。
 
押花フェスタ様子

押花絵は自然の花を乾燥させて背景となる和紙や色付けした紙に丁寧に置き、空気にふれないよう額で密封して完成させます。

身近な花が絵として飾られ、鑑賞できるのが大きな魅力です。

季節の花が自然のまま絵画に生まれ変わるのは高い芸術性を備えていて驚かされます。

訪れた人たちは押花絵画の美しさに驚き、じっくり見入っていました。

 
押花絵 市庁舎押花絵 大蛇山

大牟田市制100周年記念作品

大牟田市庁舎

ヤブツバキ、サザンカ、ツワブキで美しく彩られています

大牟田市制100周年記念作品

大蛇山

鮮やかな背景にかわいらしく花を花火に見立てて

大蛇の顔も草や葉が繊細に使われています

 
押花絵1

 

 
押花は専用のマットにはさんで重しをのせて水分をぬいて作ります。
特殊な乾燥剤や脱酸素剤をいれて額にいれて密封すると草花の自然の色をそのままの美しさで保つことができます。
草花だけでなく、アスパラや玉ねぎなどの野菜も押花にすることができます。
花のなかに遊び心で野菜もいれたブーケの押花絵画です。
 
 
                                    押花絵2
 
 
押花体験

会場には押花の体験コーナーもあり、訪れた人が気軽に押花にふれることができました。

作ったのは押花コースター!バーベナ、ビオラ、アジアンタムなどのかわいい押花を好みにあわせてアレンジします。


押花素材押花小物
ほかにも押花ハガキやボールペンなどの押花をあしらったおしゃれな小物もありました。
 
大牟田市制100周年記念事業
押し花絵画創造展 第14回コンテストin大牟田 開催!
◆11月3日(金・祝)~5日(日)
◆第1会場 旧三井港倶楽部
 第2会場 大牟田文化会館
入場無料
これまでに世界30の国と地域が参加し、延べ1万5千人の出品者数、累計2万1千点の出品数を誇る本格的な押し花芸術の国際公募展が、押し花アーティスト・杉野宣雄さんのふるさと、大牟田で市制100周年を記念して特別開催されます。故・杉野俊幸さんの作品も特別展示予定です。
 
◆押し花で予防する認知症講演会&体験会も 同時開催
押し花の特性には、認知症の予防対策との共通点が多数あります。講演会では、植物を育て、花を飾り、押し花を楽しみ、心豊かな生活を送ることで、認知症の予防に役立つ具体的な内容をお伝えします。
11月4日(土)午後2時30分から
ホテルニューガイアオームタガーデン
講師:杉野宣雄、小林速雄
 
押花絵画創造展押花絵画創造展

 
押花フェスタ様子
 
 
大牟田市民文化のつどいは年間をとおしてさまざまな文化事業を行っています。文化活動に興味があるかたは、ぜひお気軽にご参加ください。
 
 


このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 生涯学習課
〒836-0872
福岡県大牟田市黄金町1丁目34番地 ( 生涯学習支援センター1階)
電話:0944-41-2864
ファックス:0944-41-2210
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:10286)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。