総合トップへ

大牟田市民文化のつどい 文化の秋・多彩な文化事業が開催されました

最終更新日:2017年10月4日
 

大牟田市民文化のつどい 文化の秋・多彩な文化事業が開催されました

 平成29年10月1日(日曜日)に大牟田文化会館で大牟田民謡協会・三味線愛好会による「民謡と三味線のつどい」、大牟田川柳連合会による「第60回川柳大会」、大牟田吟詠連盟による「第60回吟剣詩舞道大会」が開催されました。

 

 

民謡と三味線のつどい 

民謡 祝い目出度
三味線や笛の音楽にあわせて、日本の土地風土に根ざし受け継がれてきた民謡が披露され、皆さん元気ではつらつとした歌声をきかせてくれました。


 

 
三味線演奏
 
 
息のあった三味線の演奏
 

 

日本舞踊幸若流

日本舞踊幸若流による日本舞踊

 

日本舞踊幸若流子どもの踊り「蛍の提灯」日本舞踊幸若流子どもの踊り「一剣」

子どもたちも振付を覚えて、かわいらしく踊っていました。「蛍の提灯」

男の子の凛々しい舞

「一剣」


 

第60回川柳大会

川柳大会の様子
111名が参加し、各題について投句された川柳が紹介され、会場が一体となって奥深い川柳の世界を楽しみました。
 
川柳大会特選者表彰

 題

特選句 

 投句者

選者 

 大   

地軸揺れ見知らぬ人と手を繋ぐ 梅崎 流青徳永 勝馬 

 蛇 

抜け殻のきれいな蛇にだまされる黒川 孤遊 渡邊 桂太

 百

百歳の町の盛衰月が知る古賀 麗子 真島 清弘 
 どんどん砂時計どんどん落ちてゆく記憶弘津 明子 中原 たかお 

味噌蔵の味噌年ごろの息遣い梅崎 流青益永 克之 

いわしさん浜のまつりは止めました渡邊 桂太 馬場 ゆうこ

黒は黒百の詭弁を並べても松村 華菜 小川 清隆 
どんどん 尺玉の連発旅の夜の孤独梅崎 流青古谷 龍太郎 

 

 

 

第60回吟剣詩舞道大会

吟詠披露2

日本古来の伝統文化である詩歌吟詠を中心とした舞台発表や式典が行われました。

情感あふれる吟詠の披露に、訪れた人は秋の風情を感じていました。


城和喜さんH28地域文化功労者表彰受賞披露全国吟詠合吟コンクール出場曲「春を探る」

大牟田吟詠連盟の城理事長が文化庁による平成28年度地域文化功労者表彰を受賞し、大会で披露されました。

大牟田吟詠連盟は11月5日に行われる全国吟詠合吟コンクールに福岡県代表として出場します。吟題「春を探る」


 

吟詠披露
 
 
大牟田市民文化のつどいは年間をとおしてさまざまな文化事業を行っています。
文化活動に興味があるかたは、ぜひお気軽にご参加ください。
 

このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 生涯学習課
〒836-0872
福岡県大牟田市黄金町1丁目34番地 ( 生涯学習支援センター1階)
電話:0944-41-2864
ファックス:0944-41-2210
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:10500)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。