総合トップへ

大牟田市民舞台劇「レ・ビューおおむた2017」を上演します

最終更新日:2018年1月10日
 

ローカルにこだわった大牟田市民舞台劇
「レ・ビューおおむた2017」を上演します!

 
大牟田市民舞台劇レ・ビューおおむた2017

時空を超えて夢と希望のタネを探しに

 
ストーリー
時は2117年、未来の大牟田。ここはその昔炭鉱で栄えたまちでした。子どもたちはある日、実験段階のタイムトラベルマシン「炭鉱電車シーメンス電気機関車」を動かしてしまいます。行きついた先はなんと過去の大牟田!未来の子どもたちが時代ごとのキャラクターや歴史的な場面に出会い、大牟田の歴史を再発見します。
脚本・演出 黒岩正治(くろいわ まさはる)
 
 ◆とき

平成30年1月28日()午後1時30分開演(1時開場)

 
 ◆ところ

大牟田文化会館大ホール

 
ジャー坊
◆入場無料  
来場者には記念品としてジャー坊グッズプレゼント!
(ジャー坊&おむタンコラボのオリジナル缶バッジ・クリアファイル・シール)
 
 
手話通訳・要約筆記あり

 

 
劇団エリアオオムタSAT

劇団エリアオオムタSAT(スーパーアクターチーム)

市制100周年を記念して市民舞台劇のため結成されました。メンバーは市内外から集まった小学生から70代の出演者・裏方スタッフ約50人。出演者のほとんどが演劇未経験で、発声や表現方法から練習しました。スタッフは衣装やかぶりモノなどの舞台小物も製作しています。

 

 

劇のココ!みどころ

・石炭発見から、今から100年後の未来まで、いろいろな時代の大牟田が登場します。

・大牟田のシンボリックな名所や建物などがユニークな「かぶりモノ」キャラクターで登場します。

・コテコテの大牟田弁が飛び交います。

・劇中では、大牟田の地域に伝わる踊りや文化も紹介され、小中学生や地域の人たちが参加し、一緒に舞台劇を盛り上げます。

 

ユニークなかぶりモノキャラクター・ニシテツユニークなかぶりモノキャラクター・ハヤガネ眼鏡橋

 

劇を彩る参加者たち!

・大牟田中央小学校  「大牟田弁もおもしろか」合唱

・玉川小学校  米はかり踊り

・手鎌小学校  黒崎潟いね踊り

・宮原中学校  大牟田市制施行100周年記念オリジナルソング「ずっとずっと」合唱

・ぜんでこ踊り保存会  銭太鼓踊りとひゅうたん廻し

・大牟田祇園六山振興会  大蛇山の楽とお囃子

・九州歌謡連盟  第1回NHK紅白歌合戦の三池炭坑節を再現

・大牟田バレエ協会  大牟田をバレエで表現

・市民吹奏楽団大牟田奏友会  音楽を生演奏

 
レ・ビューおおむた2017伝爺左衛門

 

大牟田文化会館MAP

 
 【駐車場について】
●大牟田文化会館一般駐車場
●大牟田市立病院第1・第3駐車場
●生涯学習支援センター
(旧大牟田南高校跡・大牟田文化会館までのシャトルバスがあります)
※駐車場には限りがあります。できる限り公共の交通機関をご利用ください。
 



このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 生涯学習課
〒836-0872
福岡県大牟田市黄金町1丁目34番地 ( 生涯学習支援センター1階)
電話:0944-41-2864
ファックス:0944-41-2210
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:10881)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。