総合トップへ

道の駅について

最終更新日:2018年3月19日
 

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 先日、久留米市三潴町にある道の駅に似た物産館に行って来ました。新鮮な野菜・魚・弁当などが売られており、多くの人で賑わっていました。大牟田市の街の中心には、多くの人々が集まる場がないように感じます。「道の駅おおむた」は市街地から離れているので、市の中心部の人々はわざわざそこまで行きません。国道沿いに物産館をつくるべきです。炭鉱色のソフトクリームなどを売り出したりして、街の中心部に活気を取り戻すべきです。

 (平成29年11月受付) 

 

 

お答えします

 この度は、まちづくりに対するご意見をいただきありがとうございます。
 道の駅「おおむた」花ぷらす館の設置目的としましては、主に「農業振興や地域振興機能」、「道路利用者に対する休憩機能」、「文化や観光、特産品などの情報交流機能」があります。
 ご指摘のとおり道の駅「おおむた」花ぷらす館は、農業振興や道路利用者の休憩機能を有するとともに、九州自動車道南関インターチェンジの近くに位置していることからも市外からの観光客へのPRに適しているものと考えております。
 なお、国道沿いに物産館をつくるべきとのご提案につきましては、すでに田隈の国道沿いには地域の農産物の販売を行なうJAみなみ筑後の愛菜館や大牟田駅前には地域の物産の展示・販売を行なう大牟田観光プラザがあり、地域の特産品などの販売を行なっております。
 また、街の中心部への活気についてのご提案につきましては、地元商店街によるイベントなどの取組みや、市民活動等の拠点として多くの市民の方に利用されている市民活動等多目的交流施設「えるる」を活用した賑わいの創出、起業家支援による新規出店の促進など、中心市街地の活性化に向けた取組みを積極的に推進しています。
 本市としましては、引き続き、街の中心部の賑わい創出のため取組みを進めて参りたいと考えておりますので、今後ともご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。  

 (平成29年12月 産業振興課回答)

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11160)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。