総合トップへ

平成30年度から国民健康保険制度が変わりました

最終更新日:2019年4月1日
 

県が財政運営の主体となり、県と市町村で協力して運営します

ジャー坊イメージ

平成30年4月からの県と市町村の主な役割

 

県の主な役割

国保運営の中心的な役割(財政運営の責任主体)

・市町村ごとの国保事業費納付金を決定

・各市町村の標準保険料率を提示

・給付に必要な費用を、全額、市町村へ支払い

・国保の統一的な運営方針を決定

 

市町村の主な役割

加入者に身近なきめ細かい事業を引き続き実施

・加入者の資格管理(各種届出の受付、保険証の発行等)

・保険税の賦課・徴収

・給付の決定、支払い

・国保事業費納付金を県に納付

・保健事業など、加入者の健康づくりのための事業を実施

 

〇変わったこと

・国民健康保険被保険者証(保険証)等の様式が変わりました。

・高額療養費の多数回該当(※)の算定回数が、県単位で通算されます

(30年4月以降の療養分に限ります。ただし、世帯の状況が変わった場合等で、通算されない場合もあります)。

 ※医療費の自己負担が高額になったときは、限度額を超えた分が高額療養費として支給されますが、過去12カ月以内に限度額を超えた支給が

  4回以上ある場合、4回目以降は限度額が引き下げられます。

 

○変わらないこと

・手続きの窓口や医療の受け方、特定健診については変わりません。

・国民健康保険税はこれまでどおり大牟田市に納めてください。

 


                                                                                                                                

 

 

 

 

                                                                                                                                       

 



このページに関する
お問い合わせは

市民部 保険年金課 国民健康保険担当(6番窓口)
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2606
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11263)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。