総合トップへ

福岡県森林環境税を活用した取組みを紹介します

最終更新日:2018年5月18日

森林は、私たちに多くの恵みをもたらす「県民共有の財産」です。福岡県では、森林を健全な状態で次世代に引き継ぐため、「福岡県森林環境税」を活用し、森林の公益的機能を長期的に発揮させる施策や、森林を守り育てる気運の向上に向けた施策を実施します。

 

<森林の有する公益的機能の発揮に向けた施策>

◯ 荒廃森林の整備                                       ◯ 間伐実施体制の構築

平成30年度から39年度の10年間で公益的機能が発揮       公益的機能が発揮できなくなる恐れのある人工林で、

できなくなる恐れのある人工林で、強度間伐を実施します。     間伐するための自伐林家を育成します。

森林荒廃の整備                       間伐実施体制の構築

<森林を守り育てる気運の向上に向けた施策>

◯ 森林づくり活動の公募                                 ◯ 森林や木製品の展示

様々な団体の森林づくり活動を支援します。                公共施設等における木製品の展示を実施し、

                                                                                                            県民が森林や木にふれあう機会を拡大します。

 森林づくり活動                   既製品の展示

(外部リンク)

福岡県ホームページ http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/keepforest.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

(ID:11339)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。