総合トップへ

定例市長会見 平成30年8月30日開催

最終更新日:2019年4月12日
定例市長会見

報告・発表案件
 

1.友好都市中国大同市への訪問について

 大牟田市日中友好促進会議の主催、本市の共催により、実施いたしました日中友好第十次大牟田・大同両友好都市交流市民訪中団派遣事業について、ご報告をさせていただきます。
 御承知のように、本市は、昭和56年に中国大同市と友好都市を締結しており、今年で37周年を迎えたところであります。また、今年は、日中平和友好条約が締結されて40周年の記念すべき年でもあります。友好都市を締結して以来、友好親善、スポーツ、教育などの文化交流をはじめ、環境技術や環境教育・都市緑化といった分野での研修員受入れや専門家派遣など、幅広い分野にわたり国際交流・国際協力を深めながら、良好な関係を築いてまいりました。また、昨年、本市の市制施行100周年記念式典の際には、劉振国常務副市長をはじめ、6名の大同市人民政府代表団に御列席いただき、一緒に100周年をお祝いただきました。その際、友好交流に関する協議を行い、大同市側より、平成30年に大牟田市訪中団の招請意向が示されたところであります。この招請を受け、今回、8月19日から25日までの7日間の日程で、市議会や行政をはじめ、公募の市民の皆様、総勢19名による訪中団を編成し、中国を訪問してまいりました。
 中国滞在中は、大同市人民政府への表敬訪問を行いますとともに、大同市人民政府主催の歓迎行事などに参加してまいりました。また、公式的な交流に加えまして、視察先では、大同市民と直接触れ合う機会もあり、短い滞在期間の中で、盛りだくさんの友好交流を行ってまいりました。特に、大同市人民政府への表敬訪問におきましては、武宏文市長をはじめ多くの方々に心からの歓待をいただくとともに、新たに医療介護分野における交流を盛り込んだ友好交流に関する協議記録書への調印を行うなど、今後の友好関係の発展的な継続を確認してきたところであります。
 このように、私自ら大同市を訪問し、武宏文市長と直接お会いできたことは、両市の友好都市交流への強い決意を示すものとなり、今後の友好都市交流をお互いが確認する大変良い機会になったと思っております。
また、中国の食文化や生活環境の違いに直接触れ、中国を体感できましたことは、異文化を理解する観点でも非常に有意義であったものと考えております。
 これまで、本市と大同市とで築いてまいりました良好な友好の基盤を礎として、今後も、両市がともに発展してまいりますことを大いに期待するものであります。



  

記者クラブからの質問

 

1.おおむた「大蛇山」まつりの来場者数について

 第57回おおむた「大蛇山」まつりの来場者数についてご報告いたします。
 まず、来場者数につきましては、7月14日の港まつりから、8月11日のおおむた海上花火大会まで、全体として19万3千7百人となりました。会場毎の来場者数につきましては、港まつり行事が3日間で2万6千2百人、文化会館行事が2日間で2千1百人、大正町おまつり広場行事は、台風12号の影響により7月29日の行事が全て中止になりましたので、7月28日の1日間で13万5千人、そして、おおむた海上花火大会で3万人となっております。
 次に、来場者調査の結果についてご報告します。
7月28日の大正町おまつり広場行事の来場者数につきましては、通行量調査の専門業者に委託し、大正町おまつり広場を中心とした交通規制区域において実施いたしました。算出方法としましては、観光庁の「観光入込客統計に対する共通基準調査要領」に基づき算出しております。調査の結果、来場者数は先程申し上げました、13万5千人となったところでございます。

 

 

2.新大牟田駅の利用者数の現状とその対策について

 新大牟田駅の利用者数の現状とその対策について、お答えいたします。
JR九州による本年3月のダイヤ改正により、新大牟田駅では、上下合わせて3本の減便となっております。このような状況下における新大牟田駅の利用者数の現状をJR九州に問い合わせましたところ、利用者数の公表は、前年度の実績を集約して、翌年度に公表するとのことであり、ダイヤ改正後の利用者数の現状は把握できておりません。
 これまでの新大牟田駅の利用向上に向けた本市の対策としましては、本年3月に、駅北側の位置にJR九州と協働で60台分の駐車場の増設を行い(増設後は時間貸、月極の合計約380台)、駅利用者数の増加に向けた取組みを行っております。増設後の駐車場利用状況を見ますと、駅周辺全体で利用がなされており、駅利用者数にも好影響を与えているように感じているところです。
 また、駅南側の土地利用につきましては、広域交流拠点としてのにぎわい創出に向けた検討を進めているところです。本市としましては、引続き、利用者の増加に向けた促進策に取り組んでまいりたいと考えております。

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11967)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。