総合トップへ

令和元年「老人の日・老人週間」(9月15日から21日)

最終更新日:2019年9月6日
 

「みんなで築こう安心と活力ある健康長寿社会」

9月15日は、「老人の日」です。
また、15日から21日までは、「老人週間」です。
 
 
厚生労働省等は、この機会に、国民一人ひとりが、家庭、職場、学校及び地域社会等において高齢者とのかかわりを深め、すべての高齢者が安心して暮らせるまちづくりなど、以下の6つの目標を掲げ取り組むことを提唱しています。
 
1.すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。
2.高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。
3.高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防等への取り組みを進めよう。
4.高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等をみんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。
5.高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、多世代がお互いに協力して安心と活力ある健康長寿社会をつくろう。
6.減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域でのつながりを築こう。

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 健康対策担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市保健所3階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12044)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。