総合トップへ

平成30年度啓発事業報告

最終更新日:2019年3月18日

 企業局では、厚生労働省主唱による水道週間(6月1日~7日)と自治労主唱による水週間(8月1日~7日)や水の日(8月1日)、国土交通省・環境省主唱による下水道の日(9月10日)を中心に、水資源や水辺環境への関心を深め、自然環境を守る意識の醸成を目指し、年間を通して啓発事業に取り組んでいます。


 上水道事業の主な取り組みとしては、水週間に合わせてありあけ浄水場や甘木配水池、寺内ダムを見学する「親子ダム見学会」を開催し、私たちが普段何気なく利用している水がどこからやってくるのか学びました。


 下水道事業の主な取り組みとしては、下水道の役割や下水処理の大切さを学ぶ「第8回夏休み親子下水道教室」を開催し、ポンプ場の役割である雨水対策としての機能や、浄化センターで汚れた水をきれいにする水処理の仕組みを、施設見学と簡単な実験を通して学びました。


 上下水道事業合同の取り組みでは、小学校4年生の環境学習の一環である社会科見学として、ありあけ浄水場と南部浄化センターの施設見学を行い、「第20回よみがえる水と緑の環境フェア」では、浄水場のミニ膜ろ過キット体験や水道水と市販されている水の利き水(飲み比べ)、下水道で活躍する微生物観察コーナーなどを設け、水の循環や水資源の大切さなどの啓発を行いました。


 今後も企業局では、水道週間や水週間、下水道の日などを通して、市民の皆さんに積極的な情報発信と共有化を図り、上下水道事業に対する関心と理解を深めていただけるよう啓発活動の充実に取り組みます。


 

マンホールカードの配布(4月28日から配布開始)

 ジャー坊と宮原坑がデザインされたカラーデザインマンホール蓋のマンホールカードの配布を始めました。

 

              01_マンホールカードおもて         02_マンホールカードウラ

                             マンホールカード

 

 

第60回水道週間(6月1日~7日) 

 厚生労働省スローガン「水道水 安全 おいしい 金メダル」 

 

 厚生労働省主唱による「水道週間」に合わせた取り組みの一つとして、皆さんから募集した「水道」の役割や大切さをアピールする標語と図案を募集しました。

  

  【小学生の部】

   ○標語

    最優秀賞 「たいせつな みんなの水を まもろうよ」    高取小学校4年1組 永松 流伊(ながまつ るい)さん

    入  選 「だん水で 水の大切さ 知りました」      高取小学校4年2組 前田 奏(まえだ かなで)さん

    入  選 「水道水 みんなを笑顔に させる水」      明治小学校6年1組 大坪 璃乃(おおつぼ りの)さん 

 

   ○図案

    最優秀賞                         入  選

    明治小学校6年1組 内野 愛斗(うちの まなと)さん       大正小学校5年1組 稲葉 未來(いなば みらい)さん

        03_第60回図案【小学生】最優秀賞          04_第60回図案【小学生】入選

  【一般の部】 

   ○標語

    最優秀賞 「水出して 蛇口とあくしゅ 「ありがとう」」  松原中学校3年2組 木野内 陽香(きのうち はるか)さん

    入  選 「届けます 努力がつまった いい水を」     松原中学校3年1組 古閑 裕樹(こが ひろき)さん

    入  選 「あふれ出る 水は地球の エネルギー」     松原中学校1年1組 加藤 見歩(かとう あきほ)さん 

 

   ○図案

    最優秀賞                         入  選

    松原中学校2年2組 竹内 彩月(たけうち さつき)さん    松原中学校1年1組 片桐 沙羽(かたぎり さわ)さん

        05_第60回図案【一般】最優秀賞          06_第60回図案【一般】入選

 

標語(小学生の部)の最優秀賞作品については、企業局庁舎の壁に看板を作製して掲示しました。

 

          07_H30水道週間標語看板 企業局庁舎(市役所立体駐車場向かい)

  

 入賞作品は、市役所玄関ロビー、ありあけ浄水場へ掲示しました。

 また、表彰式を11月10日(土)にえるるで開催した、「第20回よみがえる水と緑の環境フェア」の中で行いました。

 

         08_第60回水道週間表彰式  出席者;水道週間9名

 

 

ほたる探偵団 (5月10日~6月15日 発見日)

 企業局では、私たちの身近にある自然に興味を持ってもらうために、きれいな川に生息するホタルを見つけ、その生態を観察することで河川環境をきれいに保つ意識を高めるために「ほたる探偵団」を結成しています。

 

 今年も、市内でホタルを発見した場所や時間などを通報していただき、初めて通報していただいた方には団員証とバッジを進呈しました。

 

 通報していただいた方で既に団員として登録されている方には、ホタルを見ることができた場所などの通報情報をお知らせしました。

 

  ○通報者 40名

  ○発見場所 倉永、今山、上内など

  ○現在の団員数(昭和63年以降) 637名

     

              09_ほたる探偵団団員証    10_ほたる探偵団バッチ

                   団員証            探偵団バッジ

  

 

企業局施設見学(随時)

  5月18日(金)から6月28日(木)まで、市内の小学校4年生を対象に、社会科見学の一環として施設見学を実施しました。

    

         11_施設見学(ありあけ浄水場)     12_施設見学(南部浄化センター)
              ありあけ浄水場(19校)             南部浄化センター(11校)

 

  ○その他の学校;駛馬小学校2年生、駛馬小学校3年生、三池工業高校

  ○その他;京都府長岡京市議会、久留米市企業局、徳島県北島町議会、宮崎県宮崎市上下水道局 ほか

 

 

ジャー坊マンホールを探せ!!(7月18日~8月26日)

 下水道を身近に感じてもらうことを目的に、ジャー坊マンホール蓋を探すイベントを開催しました。

 

 市内9ヶ所に設置したジャー坊マンホール蓋を探してもらい、それぞれに書かれたひらがなを並び替えて、企業局からのメッセージを読み解いてもらいました。


                    13_イベントポスター

                        イベントポスター

 

 

 

第8回夏休み親子下水道教室

 企業局では、皆さんの家庭などで使った後の「水」がどのようにしてきれいになり、川や海に戻って行くのか。

 下水道の仕組みと役割について、親子(小学校4年生から6年生までの児童とその保護者を対象)で学ぶ下水道教室を開催しました。

 この親子下水道教室では、小学校の社会科見学や一般の施設見学では見学できない施設を見学したり、簡単な実験を行いました。

  

 ○とき(ところ)

  ・浄化センター編(南部浄化センター) 7月28日(土)

  ・ポンプ場編(諏訪ポンプ場)     8月3日(金)、8月4日(土)

   ※時間は、いずれも9時30分から正午まで

 

 ○浄化センター編(南部浄化センター)

  7月28日(土)6組(小学校4年生~6年生10名、保護者9名)

    

           14_下水道教室地下管廊          15_下水道教室パックテスト

                地下管廊の見学              パックテストを使って水の汚れを確認

 

 浄化センター編では、汚れた水をきれいにするために活躍する微生物の観察や、下水道に流してはいけない物やパックテストを使って水の汚れを確認する実験を行いました。

 

 ○ポンプ場編(諏訪ポンプ場)

  8月3日(金)6組(小学校4年生~6年生10名、保護者7名)

  8月4日(土)2組(小学校4年生~6年生2名、保護者2名)

 

         17_下水道教室雨水ポンプ      16_下水道教室降水量の違い

           雨水ポンプのエンジン音と振動を体感             降水量の違いを体感

 

 ポンプ場編では、大雨のときに雨水を排水するために運転するポンプのエンジン音やその振動などを体感し、浸水から私たちを守るために働く下水道の役割を学びました。

  

 

親子ダム見学会

 企業局では、ダムを実際に見て触れて、ダムの仕組みや役割について学ぶことを目的に、ダム見学会を開催しました。

 

 ○とき

  平成30年8月5日(日)

 

 ○ところ

  ・ありあけ浄水場

  ・甘木配水池

  ・寺内ダム   など

 

 ○参加人数

  大牟田市内の小学生とその家族 6組(19名)

 

         18_甘木配水池      19_寺内ダム

                 甘木配水池                     寺内ダム

 

  

第58回下水道の日(9月10日) 

 第57回(平成29年度)国土交通大臣賞「未来へと ぼくらがつなぐ 下水道」

 

 国土交通省主唱による「下水道の日」に合わせた取り組みの一つとして、皆さんから募集した「下水道」の役割や大切さをアピールする標語を募集しました。

 

  【小学生の部】

   最優秀賞 「安心な すみよい町の 下水道」         手鎌小学校4年2組 古川 未悠(ふるかわ みう)さん

   入  選 「イイネ!! 住み良い町と すみきった水」    中友小学校4年1組 文田 花音(ふみた かのん)さん

   入  選 「いきもの かんきょうまもる 下水道」      白川小学校4年2組 眞玉 小次郎(まだま こじろう)さん

 

  【一般の部】

   最優秀賞 「川や海 笑顔にするよ 下水道」         松原中学校3年1組 河口 楓(かわぐち かえで)さん

   入  選 「下水道 きれいな水への 長い旅」        松原中学校2年2組 永江 葉瑠樹(ながえ はるき)さん

   入  選 「下水道 くらしによりそう パートナー」     松原中学校1年1組 桃田 百々花(ももた ももか)さん

 

 標語(小学生の部)の最優秀賞作品については、企業局庁舎の壁に看板を作製して掲示しました。

 

           20_H30下水道の日標語看板 企業局庁舎(市役所立体駐車場向い)

 入賞作品は、市役所玄関ロビー、企業局庁舎へ掲示しました。

 また、表彰式を11月10日(土)にえるるで開催した、「第20回よみがえる水と緑の環境フェア」の中で行いました。

 

           21_第58回下水道の日表彰式  出席者;下水道の日6名

 

 

第20回よみがえる水と緑の環境フェア(11月10日)

 「水」と「緑」は、私たちの生活にとってかけがえのないものです。

 これからもより良い環境で暮らし、未来の子どもたちに美しい水と緑を残すため、自然環境の保全についての意識を高めることを目的に、体験学習型の啓発イベントを開催しました。

 おおむた100円玉笑店街(中心商店街一帯)と同日開催しました。

 

  ○とき

   平成30年11月10日(土)10時から15時まで

 

  ○ところ

   えるる

 

  ○イベント内容【水の広場(企業局)】

   

            22_第60回水道週間表彰式     23_第58回下水道の日表彰式
                 水道週間 入賞者表彰式             下水道の日 入賞者表彰式

   

            24_ミニ膜ろ過キット体験コーナー     25_ミニ下水道教室

             浄水場のミニ膜ろ過キット体験コーナー            ミニ下水道教室

 

            26_らくがき      27_微生物観察
               下水道埋設管らくがきコーナー        下水処理で活躍する微生物観察コーナー

 

                         28_利き水(飲み比べ)

                            利き水(飲み比べ)コーナー

 

 

 利き水(飲み比べ)コーナーでは、2種類の水を飲んでいただきどちらの水がおいしかったか、アンケートに協力していただきました。

 

  (1)ありあけ浄水場の水道水(軟水)                62票

  (2)ペットボトルに詰めて市販されているミネラルウォーター(軟水) 82票  

 


 

その他の啓発事業

○水源涵養林保全事業

 大牟田市の水源の一つである菊池川を守り育てるため、玉名平野土地改良区主催の水源涵養林事業に参加しました。

 

  場所;熊本県菊池郡大津町

  内容;植林した苗木の下草刈

 

           29_草刈り1      30_草刈り2

このページに関する
お問い合わせは

企業局 経営企画課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(企業局庁舎2階)
電話:0944-41-2850
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12345)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。