総合トップへ

地域協働型高校魅力化プロジェクト【7th MTG】

最終更新日:2019年1月9日
 

地域協働型高校魅力化プロジェクト

第7回会議(7th MTG)を開催しました!

 

7th MTG(平成30年12月10日(月)17:30~19:00)

 30年度より、「高校生×地域」をつなげる事業として「地域協働型高校魅力化プロジェクト」が始動しました。市内7つの高校から、15名の高校生が集い、大牟田の未来について考えていきます。
 
具体的な事業内容としては
1、高校魅力化ウェブサイト企画運営
2、地域協働型プログラム企画運営
3、講演会企画運営

の以上3点を、高校生が中心となって考え、進めていきます。

 

過去の会議の様子は【こちら別ウィンドウで開きます】よりご確認ください。

 

 


12月10日(月)に第7回会議(7th MTG)を開催しました。

 

 体験プログラム6



☆WEBサイト「こぷろばい」について
11/9の公開から1か月を経過した「こぷろばい」ですが、これまでのPR対応や11/9~12/9までの閲覧状況について全員で確認しました。

 

★WEBサイトのPR対応(これまで)


まずは、これまでのPR対応について、各自で行ってきたことを付箋に書き出し、発表しました。

 

・周囲の友人、大人に宣伝した

・インスタ、FB等のSNSでPRした

・校長室、職員朝礼、ホール朝礼(全校生徒向け)でPRした

・学校のHPに載せてもらった

・文化発表会で、保護者、生徒、先生へPRした

 

その他、11/11に豊田省吾氏(隠岐國学習センター長)をお迎えして開催した第1回講演会参加者や大牟田市内公立中学全生徒へ「こぷろばい」案内チラシを配布しました。

 

★WEBサイトのPR対応(これから)

 

WEBサイトを立ち上げる際に全員で共有した閲覧対象者「同世代」「下世代」「OB,OG」を中心に、これからもっと「こぷろばい」をみてもらうためにやっていくPR方法も各自で考え付箋に書き出しました。

 

 

体験プログラム2

 

 

 

・各自の個人SNSで発信していく

・朝、駅前や校門等で「1日1回こぷろばいを見て!」とアピールする

 →ゆるキャラグランプリで朝、各高校へジャー坊が投票依頼で来校したイメージ(ジャー坊も一緒にきてほしい)

・FMたんとでPRする

・駅や各教室にポスターを貼る

・サイト記事を更新したときは、ジャー坊のインスタに掲載してもらう

・市役所などの各団体にPRしてもらう

・有名な人(大牟田出身・発信力のある人)にPRしてもらう

・検索サイトで上位にくるように、記事作成担当月以外でも記事を作成しサイト掲載記事数を増やす

 

代表メンバーそれぞれが、他のメンバーの行動を参考にしながら引き続きPRしていくことになりました。

また、校門前等で自分たちから閲覧呼びかけをすることやジャー坊と一緒にPRすることについては、今後調整を図っていきます。

 

11月の記事作成担当の生徒が記事を作成してくれましたので、随時「こぷろばい」へ掲載していきます。

どうぞお楽しみに(^^♪

 


体験プログラム1                 


 

 

☆地域協働型プログラムおよび講演会
これまでは、(1)地域協働型プログラム企画運営チーム、(2)講演会企画運営チームに分かれ、分科会としてそれぞれ話し合いをしていましたが、今回は久しぶりに全員で輪になって話し合いました。

 ★地域協働型プログラム

12/16(日)に開催する第2回目の地域協働型プログラムについては、6thMTG別ウィンドウで開きますにおいて大牟田ビンテージのまち株式会社の冨山博史さんにご協力いただき、「グリーンバード(まちのゴミ拾いボランティア)×まちづくり(空き家活用)」のコラボ企画を決めていたことから、当日のスケジュールを確認し、各自冨山さんへの質問項目などを考えておくことになりました。

 

【プログラムの情報】
▶講師   大牟田ビンテージのまち株式会社 代表取締役 冨山博史氏
▶と き  2018年12月16日(日)
      9:00~12:00
▶ところ 銀座通商店街
▶当日スケジュール(予定)

 冨山さんより、活動事例報告

    ↓

 ビンテージビル街歩き(銀座通商店街ほかのリノベーション物件を巡る)PART1

    ↓

 グリーンバード

    ↓

 ビンテージビル街歩きPART2

    ↓

 意見交換

 

また、WEBサイト「こぷろばい」へ当日の感想(記事)を地域協働型プログラムチームで分担してアップしていくため、役割分担を行いました。

 

 

★講演会

第2回目の講演会開催に向けて、(1)いつ開催するか、(2)どんな話を聞きたいか、(3)講師をだれにするか、(4)対象は高校生なのか、一般市民とするのか、(5)何人くらいの規模で開催するか、(6)PRはどのようにするかなど、フリートーク形式で話し合いました。

 

体験プログラム5    体験プログラム3

 

話し合いの結果、
<開催時期>2月上旬予定

<講演内容>「聞くだけ」ではない内容、講演を聞いて継続して実践できるような内容

<講師候補>自分たちとかけ離れた大きな話をする人ではないほうがよい

<対  象>高校生

<会場(規模)>高校の体育館、普段行く機会のある文化会館や市民体育館、イオンホールやフードコートなど

<PR方法>WEBサイト「こぷろばい」のPRと同様(事前に講師の方と打ち合わせた講演内容をもとに周囲に具体的にPRする)

 

 ということになり、各自、講演で聞きたい内容や講師候補を考え、LINEで最終決定することになりました。 

 

決まり次第、お知らせしていきます。
 

 

体験プログラム7


次回会議の開催は、1月を予定しています。

 

 

【 代表メンバー 】(学校名五十音順)
ありあけ新世高校  中原 麻陽
ありあけ新世高校  本田 安佳音
大牟田高校     鳥越 直樹
大牟田高校     篠原 歩
大牟田北高校    田中 颯
大牟田北高校    村田 智哉
誠修高校      串田 詠都
誠修高校      髙田 美来
三池高校      原 清和
三池高校      山本 光瑠
三池工業高校    津波古 優希
三池工業高校    山口 陸広
明光学園高校    齋藤 花歩
明光学園高校    山嵜 麻椰
明光学園高校    矢加部 海里
 


 

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 移住・定住担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12427)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。