総合トップへ

講座や研修を実施しました 手鎌地区公民館

最終更新日:2019年2月26日

 

子ども体験事業「いきいきチャレンジ塾 手すき海苔にチャレンジ!を実施しました

平成31年1月26日 土曜日。冬晴れの寒い日でしたが、市内から12人の子どもたちが参加してくれました。

子どもだけでなく、保護者の方も一緒に「手鎌の干拓の歴史」や手すき海苔体験をしました。

手すき海苔体験3手すき海苔体験2手すき海苔体験1

手鎌小で干拓や手鎌地区の歴史について、手作りの紙芝居を読みながら、子ども達にお話をしてくださった柿原さんです。

干拓の歴史から「黒崎がらがら」や「黒崎串だご」「がたいね踊り」などの話を聞きました。

参加してくれた子どもたちは、大牟田の歴史の一つを紙芝居で楽しく知ることが出来ました。

海苔の養殖業に携わり、手鎌小だけでなく市内の幾つかの小学校で「手すき海苔体験」を教えていらっしゃる河原畑さんです。

海苔の養殖業のお仕事で、一番忙しい1月に実施してくださっているのは、子どもたちに一番おいしい海苔を食べてもらいたいからとの河原畑さんの思いがあります。

子どもたち一人ひとり、丁寧に手すきの手順を教えてもらいました。

初めは、おっかなびっくりな子ども達でしたが、二枚、三枚と手すき海苔を体験すると「上手にできた!」と笑顔が見られました。子ども達だけではなく、保護者の方も一緒に体験されました。

すいた海苔は1日以上自然乾燥させ、参加した皆さんへお渡ししました。

ちょうど恵方巻の時期でもあり、おいしく食べて頂いたことと思います。

ご参加、ありがとうございました。


 
 

地域力アップ支援事業(手鎌校区)「手鎌校区防災訓練に参加しよう」を実施しました

平成31年1月20日 日曜日に手鎌校区災害訓練実行委員会(手鎌校区まちづくり協議会)主催で実施された防災訓練に、

親子で参加してもらおうと、訓練の中で「防災マルバツクイズ」を実施しました。

手鎌防災マルバツクイズ3手鎌防災マルバツクイズ1

手鎌防災マルバツクイズ2

当日、「防災マルバツクイズ」には6世帯21人の親子が参加してくれました。

スクリーンに問題が出されると、元気に「バツ!」「マル!」の声が、会場となった手鎌小学校の体育館に響きました。

手鎌校区の防災訓練には、毎年多くの方が参加されています。いざと言う時には、地域の繋がりが大切ということを、海や山の自然豊かな校区であるが故に、関心の高い取り組みです。

炊き出し訓練では、あたたかいだご汁とおにぎりで、お腹もいっぱいになりました。

 


 

 

第2回サークル研修会を実施しました

サークル研修1
6月の第1回目の研修では、皆さんに大牟田検定にチャレンジして頂き、郷土の歴史や文化を再発見!の研修でしたが、2回目となる平成31年1月9日には、救命講習(心肺蘇生法とAEDの取り扱い)を学びました。
サークル活動中や日々の生活の中で、家族や自分自身のためにも役に立つ救命講習とあり、参加された皆さんは真剣に話を聞き、体験等をされていました。
長く、元気で健康にサークル活動を謳歌してくださいね。
 
 


 

 
(ID:12452)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。