総合トップへ

平成30年度親子ダム見学会(8月5日)を開催しました

最終更新日:2019年1月16日

 ダムは水道で使う水をためたり、水害から町を守ったりと大切な役割を担っています。
 企業局では、ダムを実際に見て触れて、ダムの仕組みや役割について学ぶことを目的に、大牟田市内の小学生と保護者の方を対象に、ダム見学会を開催しました。
 
 ○と き 平成30年8月5日(日)
 ○参加者 大牟田市内の小学生(10名)と保護者(9名) 6組19名
 ○行 程
  ・企業局発
   ↓  
  ・ありあけ浄水場
     1   3   2
   ↓
  ・甘木配水池
     4    5
   ↓
  ・あまぎ水の文化村(福岡県朝倉市)※昼食と水遊び
    6   7   8  
   ↓
  ・寺内ダム(福岡県朝倉市)
     9 12   11
       ↓
  ・企業局着
 
 ありあけ浄水場では、水をきれいにする仕組みや、水は使われた後も循環している貴重な資源だということを学び、寺内ダムでは、ダムの点検などに使われる監査廊という管理用通路に入り、高低差がある階段を上り下りし長い通路を歩いてダムの大きさを実感するとともに、ダムの役割を学ぶことができたとの感想をいただきました。 
 暑い中、ダム見学会にご参加いただいた皆さまありがとうございます。 

このページに関する
お問い合わせは

企業局 経営企画課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(企業局庁舎2階)
電話:0944-41-2850
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12490)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。