総合トップへ

令和元年度親子ダム見学会(8月4日)を開催しました

最終更新日:2019年8月14日

 ダムは水道で使う水をためたり、水害から町を守ったりと大切な役割を担っています。
 企業局では、ダムを実際に見て触れて、ダムの仕組みや役割について学ぶことを目的に、大牟田市内の小学生と保護者の方を対象に、ダム見学会を開催しました。
 
 ○と き 令和元年8月4日(日)
 ○参加者 大牟田市内の小学生(8名)と保護者(8名) 8組16名
 ○行 程
  ・企業局発
    企業局前
   ↓  
  ・ありあけ浄水場
     ありあけ浄水場1   ありあけ浄水場2   ありあけ浄水場3
   ↓
  ・あまぎ水の文化村(福岡県朝倉市)※昼食と水遊び
    あまぎ水の文化村1   あまぎ水の文化村2     
   ↓
  ・小石原川ダム(福岡県朝倉市)※建設中
     小石原川ダム1 小石原川ダム2   小石原川ダム3

    小石原川ダム4 小石原川ダム5

    55トン大型ダンプ クレーン2

    55トン大型ダンプ            クローラクレーン
       ↓
  ・企業局着
 
 ありあけ浄水場では、水をきれいにする仕組みや、水は使われた後も循環している貴重な資源だということを学びました。

 建設中の小石原川ダムでは、ロックフィルダム(※1)という形式で岩や砂利、粘土からできており、岩を積み上げている様子を見学しました。また、大量の材料を運搬する必要があるため、日頃あまり見ることのできない55トン大型ダンプ(※2)や200トンの重さ(※3)まで吊り上げることができるクローラクレーンなど、大型の重機が活躍していました。

(※1)岩塊を台形に積み上げ、上流面または堤体内部に不透水性の遮断壁を設けたダム、(※2)道路で見かける大型ダンプは10トン、(※3)普通乗用車約143台分

 

 ダムが運用開始し、水が溜まると二度と中の見学はできないため、今回はとても貴重なところを見れる良い機会でした。

 暑い中、ダム見学会にご参加いただいた皆さまありがとうございます。 

このページに関する
お問い合わせは

企業局 経営企画課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(企業局庁舎2階)
電話:0944-41-2850
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13253)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。