総合トップへ
2019年8月22日

令和元年度 「人権・同和教育講演会」を開催しました!!

最終更新日:2019年8月22日

 

素材令和元年度「人権・同和教育講演会」を開催しました!!素材

 

 77日(日)、大牟田文化会館で徳島県在住の大湾昇さんをお迎えして、『出会いと表現』~あることをないことにしない~と題して、自身が被差別部落に生まれ育ち、その事実を受け入れられるようになった経緯や体験談をお話していただきました。

 

 

大湾さん01
当日は、日曜日の昼間にもかかわらず、会場が満員となる、大勢の方々にお越しいただきました。

以下は講演内容の一部です。

 

大湾さん自身が中学生の頃、お母さんから同和地区出身であることを知らされましたが、

 「言わなかったらバレない」と、隠していくことができると思っていました。

 しかし、その後、女性と交際し始めてからは、考えが変わっていきます。

                                               

 

 

大湾さん02
次第に彼女は、どこからか大湾さんが地区出身であるという情報を得て、両親たちから交際を反対されるかも知れないと思うようになります。その時も、「言わなかったらバレない」ことを通そうとしましたが、彼女を通じて、これ以上、隠しきることは難しいことを悟りました。

 

その後は、自分の生まれた地域を隠すことなく生きていくことにしました。そして、これまでのいわゆる「寝た子を起すな」という考えは、自分自身を差別することになる、だから、これからは部落差別と闘い、すべての人権が守られる明るい社会となるように、活動していくことにしました。

 

 

 
大湾さん03
 【参加された方からは次のような感想が寄せられました】
・「ご自身の体験を分かりやすく、丁寧に話され、理解が深まる講演でした。」
・「人の気持ちは表面だけではわからないこと、その人の気持ちにならないと難しいと感じました。」
・「差別する、している側の人間が学習しなければならない、という言葉が印象的でした。」
・「どこにでも何らかの問題があることを、ないと思い込まないように、自分自身を差別しないようにと思いました。」
 
 ☆今でも様々な差別や偏見が残っており、苦しんでいる人も少なくありません。皆さんが差別等について正しく理解し、
  自分のこととして考えていくことが重要です。

 

このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 人権・同和教育課
〒836-0862
福岡県大牟田市原山町13-3 (大牟田市中央地区公民館1階)
電話:0944-41-2869
ファックス:0944-41-2869
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13308)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。