総合トップへ

「宮原坑国史跡指定20年記念 文化財講演会」を開催します

最終更新日:2019年12月18日
 三池炭鉱宮原坑は、平成12年1月19日に国の史跡に指定されてから今年で20年を迎えます。

それを記念して、「文化財講演会」を令和2年1月18日(土)に大牟田市石炭産業科学館で開催します。

講師の坂井先生(奈良大学文学部教授)は、まだ近代化遺産とういう言葉が定着していない頃から、近代の遺跡の価値を見出し、その保存推進を進めてこられた方です。近世・近代に形成されたものが、現代の景色につながっているものが数多くあります。全国各地の「近世・近代の歴史をいかしたまちづくり」の事例をもとに、これからの地域づくりを考えませんか

 
 

と き

令和2年1月18日(土)10:30~12:30(開場10:00)

 

ところ

 大牟田市石炭産業科学館 2階オリエンテーション室(〒836-0037 大牟田市岬町6-23)

 

講 師

 奈良大学文学部文化財学科教授 坂井 秀弥 氏

 

講演タイトル

「近年の文化財政策と地域づくりの展開」

 

定 員

60名程度(事前申し込み不要)

 

入場料

無料

 

主催・お問い合わせ

大牟田市企画総務部 世界遺産・文化財室 ☎ 0944-41-2515

 

 

R1文化財講演会チラシ




このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 世界遺産・文化財室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2515
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13662)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。