総合トップへ

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

最終更新日:2020年4月30日
 

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて


 令和2年2月18日付けで厚生労働省から新型コロナウイルスへの対応のため、介護保険施設や病院等において、入所者との面会を禁止し、認定調査が困難な場合、従来の有効期間に新たに12か月までの範囲で市町村が定める期間を合算できると通知されました。

 つきましては、当分の間、本市における取り扱いを次のとおりとしますので、よろしくお願いいたします。

 

1.対象者

 要介護認定(更新)について、新型コロナウイルスへの対応のため、面会禁止となった施設や医療機関に入所等されていることにより認定調査を行えない大牟田市の被保険者。

 

2.認定有効期間

 従来の有効期間終了日を12か月延長。

 

3.申請方法

 ・更新申請書の被保険者欄と提出代行者欄を記載し、申請してください。
 ・新型コロナウイルス感染防止のため、施設・病院等において入所者等との面会を禁止する等の措置をとっていることがわかる文書を申請時に提出してください。


 

≪市通知≫新型コロナウイルス感染症への対応について

 

 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 介護保険担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2683
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13979)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。