総合トップへ

シュレッダーごみのリサイクルについて

最終更新日:2020年4月15日
  

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 職場や家庭でシュレッダーごみが増えています。現在、燃えるごみに出していますが、リサイクルをするようにしたらどうでしょうか。企業スペースにおけてトイレットペーパーに変えられる機械を購入している市役所がテレビで放送されていました。シュレッダーごみからトイレットペーパーを作り、市役所や学校などで使うと資源も活用され、ごみの減量になると思います。機械導入費用もあるので、財政的にリサイクルで無理ならシュレッダー紙用のごみ袋を作ってもらえばいいと思います。
 
(令和2年3月受付)
 
 

お答えします

 シュレッダー処理された紙類の資源化に関するご意見をいただきありがとうございます。
 家庭や事業所から出される紙類のごみについては、ご意見にもありますように、個人情報や企業情報などの機密性を確保する観点から、シュレッダーで裁断された状態で、燃えるごみとして出されているものが多く見受けられます。
 このような、裁断された紙類は、紙の繊維が細かく刻まれてしまうため、再生紙などとして広く再利用するには、一般的に利用が難しくなってしまいます。
 このため、現在本市では、機密性を有する紙類を、シュレッダーによる処理を行わない状態のままで広く受け入れを行い、機密性を保持した上で、処理費用を抑えながら安定的に処理を行っていく方策の早期実施に向け、検討を行っているところです。
 今後は、このような紙類のより一層の資源化に向け、市民や事業者の皆さんのご理解とご協力のもと、安心してリサイクルに出してもらえるような取組みを推進していきたいと考えています。
 
(令和2年3月 廃棄物対策課(現:環境業務課)回答 TEL:0944-41-2723)
 
 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14002)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。