総合トップへ

令和4年度食育アドバイザー講座(第3回)を行いました

最終更新日:2022年10月31日
 

食育アドバイザー講座って何?

食を通した健康づくりのお手伝いをしている食育アドバイザーになるための講座です。

食と健康づくりをテーマに、福岡女子大学の教授(医師)や管理栄養士、歯科衛生士などによる講話、調理実習、スポーツインストラクターによる簡単にできる運動などを実施予定です。

 

子どもの栄養と食事について学びました!

令和4年度食育アドバイザー講座の第3回目を10月19日(水)に行いました。

今回は、「子どもの体と心をのばす食事」をテーマに調理実習を行いました。幼児食は成長に合わせて、エネルギーやたんぱく質、脂質を考える必要があります。また基本は3食食べること(特に朝ご飯は大切)!

○調理献立:中華丼(主食・主菜・副菜を兼ねた丼物は1品で栄養バランスがよく、子どもに喜ばれる)・卵とコーンのスープ(薄味でもおいしく、小松菜はカルシウムが豊富)・豆乳蒸しパン(豆乳の代わりに、牛乳やヨーグルトでも大丈夫)

午後からは、「子どもの食育」をテーマに管理栄養士が講話を行いました。子どもが健康に成長するためにはどのくらいの栄養が必要なのか、成長に合わせた食育などについて熱心に学習され、最後に多くの質問がありました

 

食べている写真
午後の講義

  手際よく調理終わり、試食の時間です。

    午後からは、子どもの栄養についての講話を聴きました。


献立の写真

〈今回の献立〉

テーマ:子どもの体と心をのばす食事

献立:中華丼・卵とコーンのスープ・豆乳蒸しパン・オレンジ

 


 


 

 

  •  

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康づくり課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14735)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。