総合トップへ

【動画配信】三池港周辺ハミングバード飛行

最終更新日:2021年5月26日
光の航路
                             
写真提供:内田伸治氏
 

空から見る三池港周辺の風景動画

新型コロナウイルス感染防止による外出自粛中でも、三池港に行った気分になれるように、ドローンによる空撮により、3分程度の動画を作成しました。
 

干満差の大きい有明海で大型船の入港を可能とした閘門は通常立ち入り禁止となっています。

門扉の開閉も明治築港当初のまま、水流ポンプによって操作されています。動画ではポンプの音も聞くことができます。

 

三池港周辺の上空やハミングバードの上を飛行するような気分を味わってくださいね(^^♪

港の風景で皆さんの気持ちが少しでも和らぎ、すばらしい時間をすごせますように…

 

飛行ルート

宮原坑→三池炭鉱専用敷跡→三池港閘門→旧長崎税関三池税関支署→ 大金剛丸→光の航路→ハミングバードから出航


動画はこちらからhttps://youtu.be/_39rn9c2RFI別ウィンドウで開きます(外部リンク)

(ドローン撮影協力:内田伸治氏)

 

動画の中での三池港以外の近代化遺産

トヨタカローラ福岡CM長崎税関大金剛丸

宮原坑

昭和初期の恐慌、不況下において、各炭鉱も合理化が進み、主力坑であった大浦坑、勝立坑、七浦坑とともに、昭和61931)年閉坑しました。

最近ではジャー坊と一緒にトヨタカローラ福岡のコマーシャル撮影や神秘的なブルーやレッドにライトアップも行われています。

旧長崎税関三池税関支署

明治411908)年三池港の開港と同時に開庁。明治61873)年長崎運上所を、「長崎税関」と改称したのにはじまります。窓は上下開閉式。受付窓口も当時の様子がうかがえます。 最近では一日ジャズコンサートや炭鉱の祭典などとあわせて一日喫茶などの催しも行われています。

大金剛丸

三池港築港に活躍した日本最古級のクレーン船です。現在も現役で稼働しています。

 

 

 

 

  

関連リンク 

静かな三池港
現在、第22回炭都写真コンテストの作品を募集しています。作品は、気軽にスマートフォンで撮影したものを、メールで提出できますので、ぜひともコンテストへ参加してください。
  写真提供:山下雄氏

 

   第22回炭都写真コンテストの詳しい内容はこちらから→炭都写真コンテスト2021別ウィンドウで開きます
 

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 三池港・みなと振興室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2514
ファックス:0944-41-2764
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15372)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。