総合トップへ

令和3年度食育アドバイザー講座(第7回)を行いました

最終更新日:2021年11月30日
 

食育アドバイザー講座って何?

食を通した健康づくりのお手伝いをしている食育アドバイザーになるための講座です。

食と健康づくりをテーマに、医師や管理栄養士、歯科衛生士などによる講話、調理実習、スポーツインストラクターによる簡単にできる運動などを実施予定です。

 

糖尿病予防食を学びました!

 令和3年度食育アドバイザー講座の第7回目を11月17日(水)に行いました。

 今回は、「糖尿病を予防する食事」をテーマに調理実習を行いました。食物繊維をたくさんとれる「切り干し大根の炊き込みご飯」やえのきやオクラなどの野菜をたっぷり入れた「ヘルシー麻婆豆腐」などを作りました。最後の調理実習ということもあり、皆さん手際よく調理をされていました。

 午後からは、「歯科保健と食育」をテーマとした歯科衛生士による講話を受講しました。食事を楽しむために口の健康は欠かせません。また、口の健康状態が悪くなると認知機能の低下や転倒しやすくなることにつながり、体全体に影響を及ぼすということを学びました。

 

 

糖尿病予防についての講話調理中の写真歯科についての講話
糖尿病予防にはバランスのよい食事が大切であると学びました。最後の調理実習も全員で協力し、おいしい料理を作り上げることができました。歯の大切さについて改めて知ることができました。

 

糖尿病予防献立

〈今回の献立〉

テーマ:糖尿病を予防する食事

献 立:切り干し大根の炊き込みご飯、ヘルシー麻婆豆腐

さつまいもとゆで卵りんごのサラダ、フルーツヨーグルトかけ


 


 

 

  •  

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康づくり課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:16035)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。