総合トップへ

マスク等を着用できない方への理解について

最終更新日:2022年1月24日
 
 

マスク等を着用できない方へのご理解をお願いします

 

 新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、マスクの着用が新しい生活様式の一つとされています。

 しかし、中には、発達障害、感覚過敏、脳の障害、皮膚の病気、呼吸器の病気など、さまざまな理由で、マスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変を感じてしまうため、マスクを着けられない人がいます

 お子さんだけでなく、つらい思いをしている大人もいます。

 しかし、マスクを着けられないことは、見た目だけではわかりません。

 そのため、周囲からは、わがままと誤解されたり、厳しい視線を向けられたり、心ない批判を受けることがあります。

 障害や症状があってマスクやフェイスシールドなどの着用が難しい方々がいることをご理解いただき、相手の事情も想像しながら接していただきますようお願いします。

 

 

 「マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について」(厚生労働省ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

(ID:16234)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。