総合トップへ

ジャー坊の農産物レポート2021(11)「いちご編 3月」

最終更新日:2022年3月31日
いちごと緑の皿2ハウス全体1いちご2

ジャー坊 いちごハウスへ行く

3月下旬 ジャー坊は、いちごを栽培している吉田 正一さんのハウスへお邪魔しました。

この時期のいちごは、すぐに赤くなるため、真っ赤に色づく前に収穫するそうです。

  

ジャー坊といちご(2)いちごの花青いいちご
いちご がたくさん(*^o^*)いちごの花収穫を待つ いちご
 
 

あまおうの栽培

吉田さんは、福岡県ブランドいちご「あまおう」を農薬の使用回数を減らす減農薬により栽培されています。

栽培された あまおう はJAみなみ筑後へ出荷し、そこから福岡都市圏の市場などへ運ばれるそうです。

とてもきれいに整備されたハウス内でしたが、大雨による河川の氾濫で2年連続で浸水し土砂が流入したそうです。

災害ボランティアの協力で復旧できたことを、とても感謝されていました。 

ハウスジャー坊とイチゴ記念撮影
ハウス内はとっても広いよ!いちご おひとつどーぞ吉田さんご夫妻と記念撮影

 

 
 
 
 

いちごの日

明るいいちご2
JAみなみ筑後 農産物直売所 愛菜館では、例年、2月、3月、4月の15日を「いちごの日」として地元産のいちごを販売します。
この機会に、新鮮ないちごを食べてみてください。
〔JAみなみ筑後 農産物直売所 愛菜館〕
 営業時間:9:00~17:00
 (休館日 8月14日、15日 12月31日、1月1,2,3日)
 電 話:0944-55-0916
 場 所:大牟田市大字田隈767-1
 
 
 
 


 
 







 




 

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 農林水産課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2754
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:16484)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。