総合トップへ

大牟田市観光基本計画  第2章 事業推進のための方策

最終更新日:2008年9月1日

第1節 観光振興策の策定

観光振興策の策定に当たっては、次のような視点のもと観光商品を開発していく。

  1. 個性・特色を生かした観光資源の活用
    地元では当たり前の風景や自然環境でも、外の人から見ると新鮮に見えるものが数多くある。身近な暮らしの中から観光資源になるようなまちの宝を発掘し、新たな観光地を創造していく。
    また、従来からの観光資源についても、観光動向を反映したリ、アイデアの投入など様々に磨きをかけることで、新しい魅力を発見し、これまで想定されなかった観光客層の誘客に結び付けていく。
  2. 観光資源のネットワークづくりの推進
    交通体系の整備や観光客のニーズの変化によって、広域的な観光形態が一般的になっている。このような需要の変化に対応するため、ソフトとハードを問わず観光資源を結び付けることによって人の流れを活性化し、都市全体が一体的な観光地になることを目指す。
    各観光資源の回遊を促進するネットワークづくりには、観光客が満喫できるテーマに沿った多彩な回遊ルートを設定し、また、有料施設の共通チケットの発行や共通イベントの開催について検討を行っていく。イベントは、他の観光資源と共通のテーマを設定するなど、リピート性を高める工夫を行い、集客の相乗効果を図っていく。
    また、来街者の利便性を向上するため、必要に応じて環境整備を検討していく。
  3. 他産業との連携と他地域との交流による観光の振興
    価値観の多様化が一層進む中、これからの観光は、多様な業種・分野との連携による総合力が必要とされており、このため観光関連産業という枠にとらわれない幅広い交流・連携が極めて重要になっている。異業種・異分野の人々と連携を図ることで、マチ自体に新たな活気と地域産業の多様性を生み出し、魅力にあふれた観光地を形成していく。
    また、文化圏の違う地域との連携・交流は、人々に文化的刺激を与え新しいまちづくりの発想を生み、また、本市の良さや魅力を再発見することにもつながっていくことから、連携と交流を促進していく。

施策1【石炭産業に触れ合う観光】

本市は、明治以降、三池炭鉱と石炭関連化学コンビナートの興隆とともに発展し、我が国の産業や経済の発展に大きく貢献してきたまちである。しかし、平成9年3月の三池炭鉱閉山以降、市内の炭鉱関連施設は次々と解体され、次第に炭鉱のまちであった記憶さえ忘れ去られつつある。
一方、産業遺物や工場遺構、さらには現在も活躍している産業機器なども含めた産業文化財を観光資源とし、それらを介して物づくりの心に触れる産業観光に注目が集まっている。
これだけ石炭関連施設が集積され、今なお残っているのは全国においても本市だけであり、大牟田らしさを表現する重要な要素になっている。
こうしたことから、これらの産業遺産を活用した観光の振興を取り組んでいく。

【主要事業】
三池炭鉱は我が国最大の炭鉱であり、炭鉱産業をリードするとともに、日本最古の石炭関連化学コンビナートを形成し、日本産業の近代化に大きく貢献してきた。
石炭産業の近代化遺産を通じて、当時の大牟田そして日本を担った先人たちの汗と涙、勇気と愛に触れ合い、観光客と感動を共感し合うため、以下の事業に取り組んでいく。
[近代化遺産を学ぶ、近代化遺産から学ぶ]
内容:石炭産業科学館を基点として近代化遺産を学び、もと炭鉱マンやその家族などの語り部から生きる価値を学ぶもの
[工場見学]
内容:石炭産業科学館を基点として石炭関連化学コンビナートの発展の様子を学んだ後、見える工場を見学し、物づくりの心に触れ合うもの
など
【関連事業】
近代化遺産の保存、整備への働きかけ

施策2【生活・文化に触れ合う観光】

人の生活は、気候や風土によって異なり、本市にも、地域の特性を生かした固有の文化や郷土芸能などが伝承されてきている。
大牟田に住む人にとって当たり前のことでも、外からの観光客にとっては新鮮で魅力を感じるものはたくさんあり、それらを学び体験することは貴重な体験型観光の一つになっている。
大牟田独自の風土に根ざした暮らしの中から生まれてきた先人たちの生きる知恵を体験・体感し、その意味を理解してもらうことで、より豊かな人生のヒントを提案する。

【主要事業】
最も大牟田らしく、また、大牟田でしか体験できないものの一つに大蛇山まつりがある。
大蛇山まつりは、大蛇山祇園祭、炭都まつり、港まつりの三つの祭りが統合し、市民一体となって楽しめる場をつくろうとしてできた祭りである。大蛇山祇園祭は、石炭産業の発展によりまちが進展するに伴いに市内全域に広がった祭りであり、炭都まつりと港まつりは、ともに石炭産業の発生に由来し、その発展とともに大きく育っていった祭りである。いずれの祭りも石炭産業の発展に伴い大きく育ってきた祭りであり、石炭とは切っても切れない関係にあると言える。
大蛇山まつりは、郷土の誇れる祭りとして定着しており、市民が熱狂する祭りである。
これまで見るだけに過ぎなかった大蛇山まつりを、市民と一緒になって楽しむ参加の場を設ける事業の構築、商品の開発を行っていく。
[大蛇山の曳き山体験]
内容:大蛇山のいわれなどを聴き取った後、曳き山体験で祭りに参加するもの
[炭坑節体験]
内容:炭鉱マンの格好で炭坑節を踊ったり、アレンジ炭坑節に参加して祭りを楽しむもの
[大蛇山マンスの設定]
内容:大蛇山の制作風景や踊り、お囃子の練習風景なども観光の対象として情報発信し、見学できる体制を取っていくもの
など
【関連事業】
カルタを知る、体験する
カルタ交流事業
三池の里の民話伝承体験
三池初市、水かぶり、銭太鼓踊りと瓢箪廻しなどの郷土芸能の活用
など

【施策3 自然・環境に触れ合う観光】

近年、安らぎ志向や健康志向、自然との共生への意識の高まりなどもあって、自然や野生生物との触れ合い等を通じて自然保護に対する理解・認識を深めていくエコツーリズムや、滞在型の余暇活動であるグリーンツーリズムへの関心が高まっている。
関連して、ふるさとの原風景として田舎が見直されており、田舎で見られる豊かな自然、温かな人情、特色ある味覚、受け継がれる生活文化などの魅力に注目が集まっている。
市民や観光客が活動する場として自然環境を捉え、その良好な環境を保ちつつ、必要なハードやソフトの整備を進めていく。

【主要事業】
本市には、石炭を育んできた豊かな森林資源や有明海の干潟といった自然環境が残されているが、これまで多くの市民にこれらが貴重な資源として認識されてきておらず、また、活用もされてこなかった。
三池山は、本市の中でも最も自然が残された地域であり、四季折々の草花が咲き、昆虫や小動物の観察場所として、また、気軽なトレッキングコースとして多くの観光客が訪れている。また、その一帯は、都会人に郷愁を感じさせる田舎の風景をとどめており、特に臥龍梅については、本市で唯一バスツアーが企画されている観光コースであり、例年たくさんの観光客が訪れている。
三池山一帯の自然・環境を交流拠点とした活用を働きかけていく。
[臥龍梅観梅と三池初市で春を感じる旅]
内容:春の訪れを感じさせる観梅と三池初市を巡るもの
[臥龍梅観梅と三池山・甘木山などの自然散策]
内容:ネイチャーガイドとともに自然を体験するもの
[石炭・化石掘り体験]
内容:高取山北側の石炭露頭で採炭を体験したり、化石掘りを体験するもの
[有明海で自分だけの夕陽探し]
など
【関連事業】
メタセコイア並木通の散策
動物園で心と体をリフレッシュする
リフレスおおむたで思いっきり遊ぶ
稀少動植物を観察する、護る
果物狩り
など

【施策4 大牟田の味覚に触れ合う観光】

観光の大きな楽しみの一つに、地域ごとの料理を味わうことがある。味覚には、その土地の自然や風土が凝縮しており、五感を揺さぶる感動がある。また、味覚への取組みは、新たな観光魅力を作り出し、観光需用を呼び起こすことにもつながる。
成熟社会を迎え、真の豊かさが求められている中、観光地における味覚についてもさまざまな期待が寄せられており、観光客の期待に応えた味覚商品の開発、販売を進めていく。

【主要事業】
仕事を終えた炭鉱マンの疲れを癒し、明日への活力を生み出す原動力の一つには、毎日の食事と甘いお菓子があったに違いない。
毎日の食卓に並ぶ、有明海固有の食材を使ったおかずは、ユニークな料理であり、新鮮な味覚である。この味覚を、時代や顧客のニーズにあった見直しを図っていく。
また、本市は焼きかすてら饅頭の発祥地であり、さまざまな種類の饅頭が店頭に並んでいる。焼きかすてら饅頭は、炭鉱マンの口に合うよう開発された菓子であり、また、日本一おいしい饅頭を作ろうと開発された草木饅頭もある。このほか、全国でも指折りの逸品である芝尾ミカン、早出しタケノコの産地でもある。
これらの商品を市民の生活に結び付け、認知度を高めていくとともに、商品のブランドを高めていく。
[有明海の珍味を味わう]
内容:有明海の珍味を使った料理の見直し
[菓子の技に触れる、味わう]
内容:石炭に関連する新商品の開発など
など
【関連事業】
[焼きかすてら饅頭サミットの開催]
内容:焼きかすてら饅頭発祥の地を宣言し、菓子文化の交流会を開催するもの
[大牟田ラーメンのブランド化]
内容:市内のラーメンをブランドとして統一化して売り込むもの
[夜の観光(飲食店)への誘致]

第2節 コミュニケーション活動(広告・宣伝活動)

より多くの人に大牟田の魅力を伝え、興味と欲求を喚起し、誘客へと結び付けるためには、広告及び販売促進活動(プロモーション活動)が重要である。
また、限られた予算の中で効果的なプロモーション活動を推進するためには、マーケティングの視点に立ち、観光商品そのものの特性やセールスポイントを十二分に把握し、プロモーションの目的を具現化するための戦略に基づいた計画を策定し、展開していく。

  1. マーケティング戦略の策定
    観光客のニーズに基づいて、観光地づくりを行ったり、広告やパブリシティを実施したり、イベントを開催したり、またパンフレットを配布したりする諸活動を有機的に遂行するため、マーケティング戦略を策定する。
    マーケティング活動のプロセスの説明図
    別冊に基づき、観光の市場需要や観光客・観光業界の動向等の環境条件を把握していく中の大きな動きの一つに、平成14年4月から実施される新学習指導要領に基づく、小・中学校及び高等学校における総合的な学習の時間の設置があり、学校及び旅行会社等ではその対策が積極的に進められている。
    新学習指導要領の中では、ゆとりや子供たちの生きる力の育成に重点が置かれている。
    本市の産業観光を中心とした観光商品の特性、売りは、当時の石炭産業や大牟田を支えてきた人たちの汗と涙、勇気、愛、生き様を語ってもらい、共感することで、自分の生きる意味を学ぶところにあり、
    新学習指導要領に合致する。
    小・中学校及び高等学校をメインの標的市場に設定していく。
    この基本計画で大牟田市が狙う観光市場、ポジションである。
    この標的市場に相応しいマーケティングの諸手段(マーケティング・ミックス)を講じていく。
  2. 観光商品の広告・販売促進計画の策定
    商品の広告・販売促進計画にあたっては、マーケティング戦略に基づき設定されたメインとなる標的市場において、伝えたい情報、受け手が欲しい情報を探り、商品を選ぶ気、出かけていく気になる動機づけを行っていく。
    その後、広告目標や予算に合わせて、プロモーションの総合計画を作成し、それに基づき、有効な広告・販売促進ツールを制作していく。広告媒体については、各々長短があるので、特性を見極めながらうまくミックスしていく。
    また、制作した広告や販売促進ツールの有効や受け手の反応についてリサーチやアンケート、入込み調査などを活用して測定し、次回のプロモーション活動に反映させるとともに、リピート対策を行っていく。
    プロモーション計画のプロセスの説明図
  3. 旅行会社等との連携事業
    商品の内容によって、旅行会社や学校、消費者に直接販売した方がいい場合もある。
    特に、新学習指導要領に基づき、小・中学校及び高等学校をメインの標的市場として取り組んでいくためには、学校及び旅行会社等と積極的な情報交換・交流が求められる。
    そのため、旅行会社や学校などに対し最新の観光情報を常時発信し、また意見交換を行うなどの連絡体制の確立に努めていく。

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 観光おもてなし課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2750
ファックス:0944-41-2764
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:599)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。