総合トップへ

令和3年度 講座・イベント情報

最終更新日:2022年3月2日

  • 令和3年度の講座・イベント

  

アクティブシニアデビュー塾 講座風景の展示発表をしています!

令和3年度に実施しました講座、「アクティブシニアデビュー塾(ボランティア編、健康実践デビュー編、地域デビュー編)」の講座風景を、中央地区公民館2階に展示しております。是非、ご来館ください。

展示期間:令和3年3月1日(火曜日)から15日(火曜日)まで

展示風景

 

子ども交流・体験事業  

「こどもクッキング塾 ~できることからやってみよう!~

 

こどもクッキング塾写真2
 1月15日(土曜日)に市内の小学生12人でいちごのトライフル(パフェ)を作りました!トライフルとはイギリスのお菓子で、”寄せ集め”という意味があるそうです。スポンジケーキやくだもの、生クリームをカップに重ね、きれいな層が見えるように盛り付けていくのがポイントです。
  子どもたちは皆、丁寧に盛り付けていました。
 
                        
  
 
 
こどもクッキング塾4こどもクッキング塾写真3

初めて生クリームをしぼった!という子から夢はパティシエ!、

家でもよくケーキを作っているという子まで様々。

楽しかったのが伝わってきます。

        おいしそうなトライフルができました!

 

 

こどもクッキング塾写真1
 食育ミニミニ講座も行い、栄養とからだのしくみについて学びました。
十二指腸の名前の由来や、なんでよく噛んで食べなさいと言われるのか理由も
わかりました!
 日本には食べ物がたくさんあるけれど、廃棄されるものが多いこと、一方で世界には食べ物が不足しているところもあることなどSDGsに関する話も聞くことができました。
 

こどもクッキング塾写真5
 積極的に手を挙げて発表してくれていた子どもたち。
バランスよく栄養をとって、コロナに負けないからだをつくりましょう!
 
 本講座は、市内の感染者数が増加してきたため1回のみの開講になりました。
安全に開講できる環境になりましたら、また開催したいと思います。
 
 
 



  

 

アクティブシニアデビュー塾(地域デビュー編)

『わたしのくらしを豊かにするスマホ講座』

わたしのくらしを豊かにするスマホ講座がいよいよ開講しました!

随時、講座の様子を掲載していきます。

 

【第1回】10月6日(水曜日)

「買い物の幅が広がる!インターネットでの買い物の仕方と注意点を学ぼう」

講座風景1
  秋晴れの中、講座が開講しました!はじめに受講生10人皆さんで自己紹介と講座に対する意気込みをお聞かせいただきました。
 本日は、インターネットでの買い物について学びました。インターネットでの買い物は詐欺サイトをはじめ様々なトラブルも多く存在します。楽しく買い物をするために、実際のトラブル事例をいくつか見ながら注意点についても深く学びました。
 

【第2回】10月13日(水曜日)

「コロナ禍でも楽しめる!オンラインマップで世界旅行に行ってみよう」

講座風景2
 第2回目は、今の生活で皆さんの気持ちが少しでも明るくなるようにと企画した内容です。コロナ禍でも、GoogleマップやGoogle Earthを使って世界中に飛んで行けます。受講生の皆さんは旅行ガイドブックを見ながら、自分が行きたい場所のストリートビューを見たりと楽しそうでした。操作方法についても詳しく学びました。
 
【第3回】10月20日(水曜日)

「会えなくてもコミュニケーションを LINEを活用してみよう!」

第3回講座の様子

 第3回目は、LINEの使い方を学びました。簡単な一つひとつの機能の確認や注意点から便利な機能まで、講師に丁寧に教えていただきました。写真は、講師と受講生みんなでグループになり、テレビ電話をしているところです。
 受講生より、毎回新しい発見があり楽しい、早く使いこなせるよう色々トライしたいとの感想がありました。
 
【第4回】10月27日(水曜日)

「地域の情報を取り入れよう!大牟田市LINEの登録と活用」

第4回講座写真
 前回学んだLINE活用の一つとして、大牟田市が発信している公式アカウント「大牟田市LINE」の登録と活用方法について学びました。市のホームページに入って探すよりも素早く情報が手に入ります。当講座も、この「大牟田市LINE」で受講生募集をしていました。受信設定ができるので、住んでいる地域や、子育て、防災など、自分の欲しい情報を手に入れることができます。ぜひ、皆さんも登録・活用してみてください。

 

【第5回】11月10日(水曜日)

  講話・健康体操「健康で長生きしよう」、講話「公民館や地域活動を知ろう」

講座写真 第5回
 本日は、2つの講話を聞きました。前半は、いつまでも元気なアクティブシニアでいるために介護予防について学び、自分はフレイル予備軍なのかチェックをしたり、家でもできる簡単な運動を実践しました。
 後半は、公民館ってどんなところ?や、地域で実施している活動についての講話を聞きました。ぜひ、自分が学んだことを周りや地域に活かし、学びの輪を広げていただけたらと思います。
   

 

【第6回】11月17日(水曜日)

  「おおむたを楽しもう!ウォーキングアプリを使ってまち歩きをしよう」

第6回スマホ講座写真
 本日は講座最終回。館外に出て、「大牟田市+ウォーキングアプリ」を使い、まち歩きをしました。AR機能を使い、ジャー坊と写真を撮ったり、おみくじを引いたりしました。現在、宝箱スポットなどで集めたポイントを貯めてプレゼントに応募できるキャンペーンを実施中なので、受講生の皆さんからは、楽しんで歩くことができて健康にも繋がるし、プレゼント応募もできるならいいね!と感想がありました。
  講座も無事終わり、これからも学びを続けたい5人がサークル「チャレンジスマホ会」として活動することになりました。学び続ける気持ちを持っていただき、大変うれしく思います。
 
  
 

アクティブシニアデビュー塾(健康実践デビュー編)

『健やか太極拳講座~ココロとカラダのバランスを整えよう!~』 

健やか太極拳講座が開講しました。随時、講座の様子を掲載していきます!

 

【第1回】10月11日(月曜日)

「正しく立ってみましょう」 

太極拳講座 第1回写真
 夏の暑さがまだ残る中、待ちに待った講座が開講しました。受講生は15人。開講式のあと自己紹介があり、健康志向の方、運動不足の方、太極拳に興味があった方など受講生は様々な動機で参加されていました。
 最初に講師から太極拳について簡単な説明があり、その後、太極拳の動きに必要な準備運動を入念に行いました。第1回は正しい立ち方の大切さと目線をまっすぐに向けるこ学びました。 
 

【第2回】10月18日(月曜日)

「介護予防についてのお話」と「深い呼吸をしましょう」

 

太極拳講座(介護予防)写真太極拳講座 第2回写真

 今日は、最初に中央地区地域包括支援センターの田上さんと吉田さんより、介護予防についての話がありました。

 要介護状態になる前の「虚弱」な段階(フレイル)に早く気づき対応することで健康な状態に戻れること、フレイル予防に必要な3つのポイント「運動」「栄養」「社会参加」の大切さなどを学びました。

 後半は太極拳の「深い呼吸をしましょう」です。正しい姿勢をとるためには、おなかの中心にある丹田を意識し、おなかを引っ込め、上体をまっすぐに立てることが必要。肺のお話や股関節、腰の大切さなどの説明を受けながら、準備運動を行いました。

 太極拳の動きは、動作に合わせた呼吸を意識して、リラックスした状態で行うのだそうです。

 

【第3回】10月25日(月曜日)

「膝を正しく曲げましょう」

 

健やか太極拳講座 第3回の写真です
 今日は準備運動の後、膝が正しく曲がっているかを一人ずつ見ていただきました。膝と腰の関係は密接で、膝の曲げ伸ばしは膝を中心に動かすのではなく、腰を下ろすという考えで、腰を中心にして上下に動かすことによって行います。
 股関節を柔らかくすると体の動きがスムーズになるそうです。

 

 

【第4回】11月8日(月曜日)

「腰(命門)を動かしましょう」

 

健やか太極拳講座 第4回の写真です。
 今日のテーマは「腰(命門)を動かしましょう」です。準備運動のあと、命門を動かすための体の動きの説明がありました。命門を動かすためには、体をよじることがポイントとのことで、受講生の皆さんはしっかりと実践していました。
 また、体をスムーズに動かすためには、股関節、命門が大切な役割を担っているそうです。
  
  

 

 【第5回】11月15日
「体幹を鍛えましょう」
 
太極拳講座第5回の様子です。
 今日は講座の最終回です。今まで4回の講義と実習で「正しい姿勢、正しい膝の使い方、正しい腰の動かし方、舌を上あごに付けて呼吸する」この4つを学びました。これらの体の使い方を実行していくことで徐々に体幹が鍛えられるそうです。
 講義の終わりに、講師よりサプライズで「二十八式太極拳扇」の表演(パフォーマンス)がありました。思いがけない太極拳の素晴らしい表演に受講生たちは感激して、大きな拍手を送っていました。
 講座終了後、受講生の1人が講師のサークルに入会し、活動を続けることになりました。受講生の皆さんが、講座で学んだことを日常生活で実践され、いつまでも健康で活動していただければとてもうれしいです。
 
 
 

アクティブシニアデビュー塾(ボランティアデビュー編)

『ちくちく裁縫ボランティア養成講座』

ちくちく裁縫ボランティア養成講座を、10月19日から11月15日までの全5回で実施しました。

受講生は、裁縫好きの方、久しぶりに針を持った方など8人で、和やかな雰囲気で始まりました。

 

裁縫1
介護予防についての講話を聞いているところです。
途中でフレイルやロコモのセルフチェックを行い、片足立ちやスクワットの運動もしました。いつまでも健康でいるために、健康寿命を延ばすことが大事だということを学びました。 
  
 

裁縫5   裁縫4   HP掲載 小豆カイロ

小豆カイロを作っているところです。
型紙を布地に写し、小豆を入れる袋とカバーをそれぞれ縫いました。小豆が出ないように折り返して縫うところが難しそうでしたが、講師にコツを習い、かわいいカイロができました。
  
 
裁縫7

サロンへ届けるために「にぎにぎクッション」を作っているところです。

子ども用の軍手を使い、指の部分までしっかりと綿を詰め込み、縫い閉じました。綿の量で堅くなったり、柔らかくなったりするので、感触を確かめながら作りました。

                         クッション

 

 講座最終日には、中央地区公民館で活動されているサロンへ、講座で作った作品を贈りました。

サロンの皆さんに喜んでもらい、受講生も嬉しそうでした。
講座修了後は、続けて学びたいという3人が既存のサークルで活動予定です。

このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 中央地区公民館
〒836-0862
福岡県大牟田市原山町13番地3
電話:0944-53-1502
ファックス:0944-59-0614
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:6143)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。