総合トップへ

母子父子寡婦福祉資金貸付

最終更新日:2020年4月14日

 

母子父子寡婦福祉資金制度について

母子家庭や父子家庭、寡婦の経済的自立や生活意欲の助長、その子どもの福祉の増進を図るため、福岡県では各種資金の貸付を行っています。

  

 

貸付を受けることができる人

 母子父子福祉資金

  ・母子家庭の母、父子家庭の父で児童(20歳未満)を扶養している人及びその児童
   寡婦福祉資金
  ・寡婦(かつて母子家庭の母であった人)及び寡婦に扶養されている子
  ・40歳以上の配偶者と死別または離別した配偶者のない女性で、母子家庭の母及び寡婦以外の人  
 
       ※ 貸し付けを希望される方は、まず子ども家庭課へご連絡ください。
 

福祉資金の詳細

   この貸付は、福岡県の制度です。詳しくは、福岡県のホームページをご覧ください。

 母子・父子・寡婦福祉資金貸付金について(福岡県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 
 

新型コロナウイルス感染症関連

 新型コロナウイルス感染症の影響により、生活が厳しくなっている方は、子ども家庭課までお気軽にご相談ください。

 【参考】下のリンク先の相談機関もご利用ください。

  新型コロナウイルス感染症関連の支援情報について別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 ★現在、貸付を受けている方へ★

  新型コロナウイルス感染症の影響により、支払期日に償還を行うことが著しく困難になった場合には、子ども家庭課へご相談ください。

 
   

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 子ども未来室子ども家庭課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2661
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:6546)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。