総合トップへ

宮原坑、旧長崎税関の公開日がさらに増えました!!

最終更新日:2015年5月1日

  宮原坑

 
 世界文化遺産候補「明治日本の産業革命遺産-九州・山口と関連地域」の資産の1つ、宮原坑と旧長崎税関三池税関支署は、4月27日(月)から、公開日を拡大しています。 
 宮原坑では、ボランティアガイドの説明を聞くことができます。当時の様子を交えながらの説明を聞けば、理解と興味がより深まることは間違いありません!
 ゴールデンウイークは、世界文化遺産候補を巡ってみてはいかがでしょうか。
 
 ~ボランティアガイド井上正三さんからのメッセージ~
 「宮原坑は、竪坑櫓と巻揚機室の位置関係などから作りがシンプルで、ワイヤーもきっちり巻かれた状態で残っているので、構造が理解しやすい遺構です。時間に余裕があれば、眼鏡橋の方から三池炭鉱専用鉄道敷跡を宮原坑に向かって歩いてみると、当時の全景が想像できますよ。ぜひ一度宮原坑に来てみてください」  

☆宮原坑公開日
4月27日(月)~5月10日(日)は毎日公開。
5月11日(月)からは、火曜日~日曜日、祝日公開(月曜日休)
時間 午前10時00分~午後5時00分
見学は無料です。
現地ではガイドがご案内します。
 
☆旧長崎税関公開日
4月27日(月)~5月10日(日)まで毎日公開。
通常公開は土曜日・日曜日、祝日
時間 午前10時00分~午後5時00分
見学は無料です。

詳細は、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域 大牟田の近代化産業遺産」のホームページへ
http://www.miike-coalmines.jp/index.php
平成27年5月1日掲載

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 広報担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:6996)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。