総合トップへ

大牟田市洪水ハザードマップ

最終更新日:2010年12月21日

大牟田市洪水ハザードマップを公表しました。

 大牟田市では、水防法の規定により福岡県が作成した洪水浸水想定区域図を参考に大牟田市洪水ハザードマップを作成しています。
 洪水ハザードマップとは、河川が氾濫した場合に備え、地域住民が素早く安全な場所に避難できることを目的として、被害が想定できる区域、被害の程度(浸水深)、避難場所などを地図上に明示するとともに、気象情報の入手先、避難の心得、情報の伝達経路などが掲載されたものです。

 大牟田市洪水ハザードマップ 地図面PDF(1.81MB)

 大牟田市洪水ハザードマップ 情報面(1.45MB)

※上記の大牟田市洪水ハザードマップは福岡県が平成19年に作成した堂面川洪水浸水想定区域図と平成20年に作成した諏訪川洪水浸水想定区域図等を参考に平成21年に作成したものです。 

 

このページに関する
お問い合わせは

都市整備部 防災対策室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎北別館4階)
電話:0944-41-2894
ファックス:0944-41-2893
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:723)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。