総合トップへ

住宅火災特別警戒について

最終更新日:2015年12月21日
 

住宅火災特別警戒実施中

  大牟田市において、平成27年1月1日から平成27年12月18日までに住宅火災によって6名もの尊い命が失われました。

  消防本部では、この現状を受け「住宅火災特別警戒」を実施しております、警戒パトロールするとともに火気の使用方法や

  住宅用火災警報器の設置を呼びかけます。

 

火災を予防するための備え

コンロ 寝たばこ ストーブ

    ○ コンロの使用中は、その場を離

        れない。

 

○ 寝たばこはしない。

○ たばこの吸殻をそのままゴミ箱や

    ゴミ 袋に捨てない。

○ ストーブの近くで洗濯物をほさない。

○ ストーブをつけたまま寝ない。

       ○ 電気器具はタコ足配線にしない。  

       ○ コンセントのプラグにほこりをためない。

 

 

火災発生時の対応

 1 知らせる・119番通報する

   火災を発見したら、大きな声や非常ベルで他の人に知らせましょう。知らせることで、応援者を求めましょう。

   ただちに「119番通報」しましょう!

 2 初期消火を実施する

   最寄の消火器で消火しましょう。炎が天井まで達した場合は、消火器で消火できません。

   ただちに避難しましょう! 

 消火器

 3 素早く避難する

   避難する場合は、煙を吸わないよう姿勢を低くし、口にハンカチやタオルをあてましょう!

 

 

火災を早期に発見するために

 住宅火災で亡くなられた方の多くは就寝中に発生した火災によるものです。就寝中は火災の発見が遅れます。少しでも早く

火災を発見するために、未だ設置されていないご家庭は早急に設置をお願いします。住宅火災警報器で、あなた自身はもちろ

ん大切な家族の命、そして地域の安心安全を守りましょう!

 

 ※ 住宅火災警報器について 

 

 

  

 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  予防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3527
ファックス:0944-53-7460
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:7553)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。