総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  防災情報  >  災害支援情報  >  平成29年7月九州北部豪雨の支援の状況  >  平成29年7月九州北部豪雨の被災者に対する住宅支援について
ホーム  >  組織から探す  >  都市整備部  >  建築住宅課  >  平成29年7月九州北部豪雨の被災者に対する住宅支援について

平成29年7月九州北部豪雨の被災者に対する住宅支援について

最終更新日:2017年7月21日

被災者に対して市営住宅等の受入れを開始します

  大牟田市では、平成29年7月九州北部豪雨で被災された方を対象に、7月13日より市営住宅等への一時入居の手続きを開始します。

 


(1)被災者の受入れが可能な住宅の数
龍湖瀬市営住宅2
    ● 市営住宅(3DK~3LDK        3
    
     ● 民間賃貸住宅
    アパートタイプ (3LD
K~4DK       5

入居可能な市営住宅の例(龍湖瀬市営住宅)   

※ 駐車場が有るところと無いところがあります。 

    ※ 民間賃貸住宅につきましては、所有者から申し入れがあった物件を掲載しています。詳しくはお問い合わせください。

   ※ ガス給湯器又は浴槽・風呂釜については、各住宅のガス供給業者により提供等のご協力を頂いております。 

                                                                 

   

(2)対象者の要件(民間賃貸住宅も準ずる)

ア、 概ね3ヶ月以内に「り災証明書」と「住民票」の提出が必要です。

  【本人確認書類(保険証・免許証等)あれば持参ください】

  イ、 一時使用の期間は原則6ヶ月以内。(最大12ヶ月を限度とします)

ウ、 家賃・敷金ともに免除。

エ、 連帯保証人は免除。ただし緊急連絡先は必要です。

オ、 電気・ガス・水道等は個別契約で自己負担です。

 

【問合せ先・窓口】

大牟田市不知火町1丁目1-8

大牟田市営住宅管理センター

TEL:0944-41-0123

受付時間:8301730(日・祝日は除く)



(ID:7788)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。